プレゼントと、新たな場所の探索

はじめに・・・欲しいものリストからの・・・

プレゼントありがとうございます!

トマトジュース二箱届きました!夏場にはとにかくパワフルに動きたいので、これはとても助かります。
このデルモンテのトマトジュースは、何かとかわいがってくれた母方の祖父が、子供の頃に箱で買い与えてくれていたもので、盆の近いこの時期にいただくと、何か色々と胸に去来するものがあります。
で、毎日わりと高密度で過ごしているのですが、この暑さですし体力を消耗する活動も多いしで、とてもハードなのですけれども、これがあると、「あとひと踏ん張りするか、トマトジュースあるし」ってなるのでありがたいです。

重ね重ね、ありがとうございます!

さてさて、そんな素敵なプレゼントをもらった日ですが、畑の除草のあとに、眼をつけていた怪しいスポット二か所を探索してきました。
一か所目は別の記事に書きますが、レートフードの大瓶を拾ったあたりです。
推測は出来ましたが安定して瓶が埋まっている可能性は現時点ではかなり低そうだと判断して、未踏のビーチに行きました。

キリンビール小瓶、エンボスあり。

あ、ここ有名スポットだわ・・・

この地域のハケの存在条件にも色々とマッチしているこの場所は、ビーチコーミング的な古いガラス探しに訪れている人の多い場所のようで、所々に掘り返した後があるし、掘り返し方の癖から、知っている人もしばしば訪れている場所であろう事がうかがい知れた。
掘ってない人も来ている気がする。おそらく数名はここに来ている気がする。

そのせいもあってか、有望な破片や、上掲のような物も落ちているが、決定的なものは拾えない。
ぱっと見は枯渇スポットになりつつあるのだ。
・・・が、ガラスの気配が濃厚なので、いずれここでも色々見つけられる気がする。

今度はそのような視点でくまなく探しまくると・・・うん、悪くないようだ。ここはもう少し涼しくなったらまた探索しようかな。

この日は夕方からやや気温の低い空気が流れ込んできて、霧の深い幻想的な景色がひろがり、夕焼雲もきれいだった。

おまけ

霧の中の灯台
夕焼雲

この日の夕焼雲は撮影した人もちらほらいたらしい。そうだよね、綺麗だったよ。

古いガラスの記憶#20 チビ六角ニッキ水

今回はこちらね。

ニッキ水の中には『チビニッキ』と呼ばれる、特に小さいものがあります。ひょうたん型のチビニッキは有名ですが、あまり知られていないこのタイプのチビニッキ水、私は大好きなのです。「ガレ場のハケ」にて運良く二色揃ったので、今回の記事を書くことにしました。

以前、「正チャン」のニッキ水瓶の記事でも書きましたが、ニッキ水瓶にはしばしば無色透明のものと、アクア色のものとがあります。
今回揃ったチビニッキ水、改めて二つ並べてみましょう。

二つ並べて立ててみる
こちらは倒してみる。

同じガラスなんですが、この色の違いだけで受けるイメージも全く違ってきますね。透明にもアクア色にも、全く異なる魅力があるのは素敵な事です。

あえて詩的に表現するとしたら、無色は風、アクア色は海でしょうか?

こちらは歪みも素敵で、気泡はゆっくり。
こちらの気泡はスピード感がある。

同じ日の同じ時間に撮っている画像なのに、なぜか背景の海と空の色が違うのがまた面白いです。どういう仕組みなんでしょうか?

この、チビ六角形ニッキ、実はニッキ水の中ではあまり出ない、数少ないもののようで、ネットを探し回ってもそんなに画像が多くありません。しかし、見つけることができればこのようにとても美しいものなので、是非とももっと知られて欲しいなと思うのです。
運良く二つの色をそろえることができたので、現在この二つは私の机の「特にお気に入りスペース」に仲良く並んでいるのですが、梅雨が明けた灼熱の日々の夜、ふと目を向ければ涼しい気持ちにさせてくれる、そんな存在感と美しさを持った瓶なのです。

では、また!

プレゼントとガラス洗い

今日はとても嬉しい事がありました!

先日、こちらのブログに載せた「Amazon欲しい物リスト」ですが、今日、さっそく視聴者さんからプレゼントが!

GoPro用のウインドスレイヤーです!

もうとても嬉しい!ありがとうございます!

動画の方でも取り上げさせていただきました。

・・・で、今日なんですが、やっと梅雨明けと思ったら、どうにも荒天の予感です。であれば、やっておくべきことは一つ。時間の限りたまりにたまったガラスを洗うべきなのだ。

でっかいクリーム瓶内部のの頑固な汚れもやっと落ちた。

そんなわけで、今日は動画を撮りつつひたすらガラスを洗っておりました。ハイドロハイター水槽も入れ替え出来そうでいい感じです。

見ているといつまでも時間を奪われる恐るべき洗い物の数々。

動画はこちらに。

この動画は長いので、前後編に分けてます。
残りの洗浄と、洗ったものについての説明は、後編で!

あと、重ね重ね、プレゼントありがとうございました!!

では、また!

古いガラスの記憶#19 丸薬または「み号剤」の瓶

今回はこれ。気泡がすごいというより、気泡で出来ていると言った感じ。

表裏、あまり変わらないのだけれども。

アクア色のガラスに、限界まで気泡を含ませたらどうなるのか?おそらくこの瓶は、その答えの一つ。丸薬の瓶か、「み号剤」の瓶。
「み号剤」とは、かつての日本軍のパイロット、特に夜間哨戒や夜間迎撃の任務に就くパイロットに支給された、夜間視力増幅剤の事。
この極端に多い気泡を見ると、「それでも瓶が必要だった」事情が考えられ、ほとんどの瓶が陶製に変わっていた頃でもあえてガラスを用いるあたりに、民間ではない力を感じる。
もしも「み号剤」だったとしたら、過去に夜間の哨戒や迎撃任務に就くパイロットが、この瓶の薬を飲んで、夜の空に出撃していたかもしれないのだ。
ただ、今やそれを確認する方法は無いのだけれども。

空に透かして見る。
逆光に透かすと、水中から見る泡のようだ。

当時なら、本来の要求される材質や強度からは程遠いはずのこの瓶は、長い時間を経て掘り出された今となっては、見る者に涼しさを感じさせてくれる、美しくて魅力的なガラス瓶の一つであり、夏本番の暑さの中にあって、「そうだ、あの瓶の画像なら涼しい気持ちになれるかもしれない!」と思うような、特別な魅力を持つ瓶と化してしまっている。平和とは良いものだな、と、こんな時に思うのは、ちょっと斜めな価値観だろうか?

太陽に透かす。

故郷の震災で失われた海は、鳴き砂でありながら泳げる、稀有な砂浜だった。息を止めて水底から見上げる海面と泡はまさにこんな感じで、盛夏でも冷たいあの海を思い出す。うん、とても涼しくなれる。

逆光をより強めに。

昔であれば夜間の視力を良くする用途、今であれば心を涼しくしてくれるこの瓶は、いつも机の上のお気に入りスペースに置いてある逸品の一つであり、示唆に富んだ涼やかな落ち着きをもたらしてくれる。
そんな瓶なのだ。

では、また!

ボトルディギングって?その楽しさと魅力

今更ながら、とても基本的な話を。

YouTubeなどで動画を見て、「楽しい!」と思ってくれた方の中には、「ねえ、ボトルディギングって何ぞや?」と思った方も少なからずいると思うので、今回は基本中の基本として、私が認識している範囲でだけど、「ボトルディギングとは何ぞや?」という点について書こうと思う。

「ボトルディギング」これは本来の英語で書くと「Bottle(瓶) Digging(掘る)」というわけで、「瓶掘り」の事だ。

では、どんな瓶を掘るのだろうか?多くの場合は、「昔のガラス瓶」という事になる。

このボトルディギングという趣味では先駆者たる平成ボトルクラブさんと、さらに「ボトルドクター」庄司太一先生の仰っている「ジャパニーズ・ボトルディギング」の根本となる考え方は、

「一度、役目を終えたガラスビンに、もう一度新たな光を当てる事」

との事で、私もそうだろうなと思っている。

古いガラスには言葉にはできない魅力があり、さらに資料も少ない。掘り出して、光を当て、その魅力の根源が何かと思いをはせつつ、心に揺蕩うガラスの波を呼び起こしてもいいし、当時の人々の生活を想像したり、その瓶の用途を推理して突き止めていくなど、光を当てた後の楽しみ方は人により違う。もちろん、すべて楽しむ人もいるだろう。
そんな奥深さのある瓶を・・・本来は廃棄され永遠に失われたり、忘れられたままになるはずの瓶を、もう一度探し出して掘り出し、手に取ってみる。

そんな趣味である。

・・・と、「らしい」話は置いといても、昔のガラスの諸々は、波長の合う人にはたいそう美しく魅力的に感じられ、それを集めるのが単純に楽しい。それでいいじゃないか!とも思うんだけどね(笑)。

実際、この趣味は人類共通に近く、あちこちの国で瓶を掘っている人々がいる。今この瞬間も、どこかで誰かが掘っているはずなのだ。私もInstagramやYouTubeに画像や動画を載せていると、サハリンの日本の瓶マニアのディガーさんと情報交換する事になったり、何とタスマニアのボトルディガーさんと動画をシェアして楽しんだりと、「言葉は無くとも、わかる」といった交流ができている。

つまり、どういうわけかわからないが、なぜか楽しいと思う人が多く、また実際にとても楽しい趣味なのだ。

ガラスの歴史も、何と4000年前のメソポタミアまでさかのぼれるし、 それ以前には火山ガラスや鉱物におそらく魅力を感じていた人類は、それに似たものを自分たちが創り出せた時、とても感動したに違いない。案外、ガラスに対して人が呼び起こされる感情は、とてもプライマル(原始的)なものなのかもしれないね。

そして、「なんで、昔の瓶なんて?」と思った人が、ボトルディギングという言葉を知ってしばらくして、「とても楽しい・楽しそう!」と思ってくれたら幸いだなと思う。

では、また!

ハケとガラスの探し方

最近、都市部で石蹴りや古いガラスを見つける人がしばしば現れて、とても嬉しい限り。
初期のボトルディガーさんたちの奮闘と、昔のガラスのあり得ない色合いや雰囲気から、「あんなもん本当にあるの?」とついついイメージが先行してしまいがちだけど、実際にはわりと最近まで、ほとんどの家庭でガラスや陶器を自宅で処理するしかなかった(ここテストに出ますよ!)んだよね。
なので、少し広い庭のある家なら敷地のどこかに埋めていたに違いないのだ。
これが少し田舎の方になると、複数の家庭で一つ所にまとめて埋めたり、集落で場所を決めて捨てていたりしていたんだよね(いわゆる大ハケ)。

つまり、都市部なら古い家のあった場所は全て少しずつならガラスの出る可能性があるということ。
ただし、大ハケなどを期待するのは難しい。そして大ハケを探すならどうしても田舎の方が有利になるだろう。
では、そういったハケ(かつてのガラスの捨て場)を探すコツはあるのだろうか?ざっくりとだが、ある。

自分がその家や集落の住人だったとしたら、処理できないゴミをどこに埋める・捨てるか?を良く想像する事。

ここで、以前話した、「世界の解像度」がとても重要になってくる。
例えば都会の空き地だったら、おそらく玄関や大通りに近い側には捨てないだろう。では玄関はどちら側なのか?陶片やガラス片が分かりやすく導入として集中して落ちていればいいけど、満遍なく散らばっている場合ももちろんある。ここで、昔の家の形や玄関の場所などを想定できるとだいぶ捗る。

地域によっては、「氏神様の後ろ」をゴミ捨て場にしていたり、不浄なものを全て水回りと同じ方向に埋めたり、とかね。

で、田舎の方でガラスを探す場合は、やっぱり中規模や大規模な大ハケを探して掘るのが醍醐味になって来るだろう。でもこれは、実は絞り込みがそう難しくはなくなってきている。
Googleマップなどのお陰なんだよね。慣れてくると「この辺に捨て場があったと思うんだよなぁ・・・」みたいに、次第に場所が絞れてくる。
あとは実地で探してみるのが一番。「そんなところに?」ってなるかもしれないけど、本来は隠したいものだったはずだから、「そんなところに」ある事も多いんだよね。
現在掘っている「ガレ場のハケ」もそう。周囲にしばしば古いガラスは落ちていたけれど、大岩でゴロゴロと埋め立てられているガレ場に、繊細なガラスがあんなにも眠っているなんて自分だって想像してなかった。「ガラスが出るんじゃないかな?」と目星をつけて掘ってはみたけれど、最初は「無いと確信出来ればそれで良し」くらいの気持ちで掘り始めていたからね。
動画でも言っているけれど、「無いかもしれない」ではなく「あるかもしれない」と思って探し続ける事こそが、一番大事なのかもしれない。

では、また!

古いガラスの記憶#18 美しいラムネ瓶

今回はこれ!最近心をがっちりキャッチして離さない、古いラムネの瓶。Instagramとは違う写真も混ぜてやっていきます。

美しい・・・

一度は「終わりかな?」と思ったガレ場のハケ、より深く深く掘り始めて二回目に出てきた大変なお宝。

こちらは裏面。

エンボス部分を拡大してみよう。

丸に十のエンボスの下は、「秋山製」
「安房北条」

正面のエンボスは屋号らしい印に、「安房北条」「秋山製」。Twitterのフォロワーさんの話では、館山市北条にこの名前の牛乳屋さんがあるとの事で、いずれ調べてみようと思う。エンボスがラムネを卸していた会社なのか、ガラスの会社なのか、はたまた両方なのか。

裏面のエンボス「非売品」売は昔の字体だね。

ここで、古いけれどもこのラムネ瓶から30~40年ほど後のラムネ瓶と比べてみよう。間に戦争を挟んでいた感じになる。

1950年代のものと思われる上段のラムネ瓶は、エンボス無し、濃い色、玉受けのくぼみが一対しかない、などの特徴の違いがある。

何より不思議に思うのは色。昔のラムネ瓶の色はいわゆるアクア色で、これがラムネ瓶の複雑な造形とエンボス、気泡と歪みの相乗効果で、このように光を浴びると大変な美しさになってしまう。どうしてラムネ瓶の色はこの色をやめてしまったんだろうか?
インスタグラムにも書いたけど、本当に「言う事なし!」の見事な瓶だ。

余談だけれど、実は古いラムネ瓶も探していたのに、上記の1950年代あたりのラムネ瓶を最後に、エンボスラムネ瓶や六角ラムネ瓶とも全く縁がなく、この瓶を掘り出した時はラムネ瓶なんて思いもしなかったので、「変わった瓶だな?」と思って引っこ抜いたらラムネ瓶で、とても驚いた。
しかし、実は抜いた時点では泥にまみれていたため、その時点でもそんなに期待していたわけではなかったんだよね。
ところが、洗い始めて泥を落としたら、瓶にエンボスの手触りがある!ここで、古くレアなラムネ瓶だと思い当たり、見てみたら色も綺麗。そして洗いあがって大興奮!という流れだった。
幾つかのタイプをすっ飛ばして、いきなりレアが飛び込んできた瞬間である。 

言う事なしの美しさ。家宝にしたいくらい。

余談だけど、このラムネ瓶を掘り出す前のディギングでは、やっぱり古いタイプの牛乳瓶も出てきている。機械栓の非常に古いタイプ。
ラムネ瓶も非売品で本来は返却しなくてはならないものだし、牛乳瓶もそう。
そんな物が残って出てきたのは、とても運が良かったとしか言いようがない。
締まった土と岩だらけになってきたガレ場のハケも、こういう物が出てくるので、頑張って掘った甲斐もあるというもの。あと数回で終わってしまう予定だけど、どんなお宝が残っているのか、とても楽しみになってくるね。


では、また!

古いガラスの記憶#17 トケイチウチウニッキ

それはおやつの時間、三時を指している。場所のせいかほんのり銀化しているね。

正面
裏面
側面は梨地仕上げになっている。

思えばガレ場を初めて掘った日は大変な引きで、この「トケイチウチウニッキ」と当たり矢の金平糖入れが同時に出たというすごい日だった。

平成ボトル倶楽部さんのブログにチラッと出ているほかは、あとはもう一人の方のブログに出てくるくらいの少ないニッキ水らしい。掘り出した時はその多いエンボスと独特な形にとても驚いたものである。
おそらく懐中時計を意識したであろうこのデザインは、おやつの時間に針が停まっており、数字も12,3,6,9はちゃんと刻まれていて、とても凝った造りになっている。

エンボスをクローズアップしてみよう。

「トケイチウチウニッキ」数字は上から時計回りに「12.3.6.9」
「イショートーロク」
「ミトヤ」

掘り出した人も少なく、多くのニッキ水のデザインと異なる、この円形で横広がりでエンボスの多い瓶は、おそらくは希少な部類のニッキ水と思って間違いなさそうで、当時このニッキ水を買ってもらった子は、きっとそれこそ懐中時計のように、大事にしたんじゃないかと思うのだ。
ボトルディガーとしても、次にいつ見つけられるかもわからないほどの物なので、ありがたく眺め続けていたいものだなぁと思う。

では、また!

古いガラスの記憶#16 フランスの薬瓶

6月の記事、「ガレ場はまだまだ終わらない」にて出てきたこの瓶が、今回の主役。

これね

フランスから海を渡ってきた、約100年前の瓶

重さもセンスも日本と違う!

さてこの瓶、「ガレ場のハケ」の資料的価値がとても高い瓶の一つなのは間違いないと思われます。色々調べた結果、100年ほど前のフランスから、日本に渡ってきた、何らかの薬瓶らしいからです。

特徴としては、どこか日本の瓶と異なるデザインと、ガラスが分厚くて重い事が挙げられるかと思います。同じ大きさと形の日本製の瓶があったとして、これは2.5倍から3倍ほど重く感じられます。この瓶に最初に感じた違和感の一つですね。

で、エンボスは全てアルファベットです。これを翻訳しようとしたらGoogle翻訳先生が「お前それたぶんフランス語やで?」と言って来たので、フランス語で訳してみたわけです。

RABORATOIRES
A.LUMIERE

RABORATOIRES (研究所)

A.LUMIERE (A.ルミエーレ)

つまり、「A.ルミエーレ研究所」とエンボスされている事になります。

底面には「45」のエンボス。45㏄かな?

以前の記事にも書きましたが、このエンボスの文章をそのままコピペして検索すると、フランスの古書がヒットします。
1927年にフランスはリヨンで発行された、「オーギュスト・ルミエーレ研究所年鑑・実験的生理学と薬力学について」 という、研究所の年鑑ですね。
つまり、 「A.ルミエーレ研究所」 のAはオーギュスト(Auguste)でほぼ間違いないでしょう。
これで、ほぼこの瓶はフランス製だな、と確信を持つに至ったわけです。

余談ですが、 オーギュスト(Auguste) はフランスにはわりと多い名前です。「考える人」の彫刻で有名なロダンは、オーギュスト・ロダンです。「尊厳」を意味する言葉であり、フランスだと、尊厳王(オーギュスト)と呼ばれたフィリップ二世が有名ですね。
他には、8月の英語読みオーガスト(August)の語源となったローマ初代皇帝アウグストゥス(尊厳者)が一番連想しやすいでしょうか。割と古い言葉ですね。
ちなみに、 ルミエーレ (LUMIERE)は、「光」を意味する単語です。
薬の研究者としてはなかなか良い名前ですね。
調べる価値のある、とても良い瓶です。

海を渡り、100年ほど眠ってから浴びる太陽はどうだい?

それにしてもさすがはオシャレの国、フランスです。この瓶は私の机前の、「特にお気に入り」ゾーンに既に仲間入りしています。他の瓶と並べていると特に映える良さがこの瓶にはあります。いずれはそんなたたずまいも紹介しようと思います。

では、また!

やっと晴れた!

およそ十日間は雨戸閉めっぱなし、雨降りっぱなしで憂鬱もいい所でしたが、やっと晴れました。

でも秋の空のような?

しかし、何だか雨がすっかり大地を冷やしてしまったのか、トンボはたくさん飛んでいるし、空は霞たなびくし、どうも涼し気だ。まるで秋のようである。
いや、どうせ梅雨が明けたらとんでもなく暑くなるんだろうけれども。
で、

ガレ場は水没

真ん中に穴が開いてますねぇ。

分かっちゃいたけど見事に水没している。これをバッテリーポンプで全て汲むのは無理があるので、ポンプを使ってからすぐにサイホンに切り替え。

それでも、こんなに水圧がかかってる。一晩放置すればだいぶ良くなるかな?

帰りは引き潮だったのでビーチを良く見つつ歩いていると、

綺麗だねぇ

シー玉が落ちている。

正直、もう雨は要らないのでそろそろ梅雨が上がってくれないかなと思ってる。
やっぱりインドアは自分には向いてない。

予報は木曜日あたりからまた雨だけど、果たしてどうなるだろうね?

では、また!