ボトルディギングの用語集

ボトルディギング界隈でよく出てくる言葉を私なりに説明します。今後も追加したり、加筆・修正する可能性があります。

ハケ

ガラスが埋まっているとされる場所。多くは、昔のゴミ捨て場。かつての日本ではガラス、陶器系のゴミの処理は各家庭に放任されていたために、どこかに捨てて隠すような処理をしていた。それから長い年月が流れ、魅力を再発見された古いガラスを探すボトルディガーにとっては、ハケは宝の埋められた場所と同義である。これを見つけるのがボトルディギングと言ってもいい。
ちなみに英語ではBottle Dump(ボトルダンプ)。 Dumpとは「ぶちまける、うち捨てる、放りっぱなし」などの意味があり、瓶捨て場とでも訳せばいいだろうか。

気泡

ガラス精製時に交じった不純物から発生したガスが、ガラス内に固定されたもの。星によく例えられるし、雨に例えられることもある。かつての技術の低さを象徴するものが、現在では古いガラスの魅力を語る上で欠かせないものになっている。実際、なぜかとても豊かな表情をガラスに加えてくれる、古いガラスの魅力の重要な因子の一つ。

茶筋、マーブル、筋

ガラスを精製する際に混ぜられた別のガラスカレット(ガラスのかけら、材料)の色が抜けきれずに現れたもの。大理石の表情に似ている事からマーブルと言う人もいる。茶色であることが多いから茶筋か?実際には様々な色があるらしく、私はそんな時は「筋」と呼んだりしている。

ボトルディギング時において、ガラスが集中して埋まっている(ように感じられる)層の事。「良い棚に当たった」「この棚には目薬が無い」「この棚はニッキ水だけだ」などと用いる。

導入

ハケを探している場合は、ハケの存在を示唆するような、古いガラスが落ちている状態を指す。パピリオが落ちているとか、ニッキ水のかけらが落ちている、機械栓の口が落ちているなどは、分かりやすい導入と言える。

ディギング中の場合は、何も無かった土中にガラス片や陶器片が多くなってくると、棚が近い事を示す場合が多く、掘る方向の目安になる。「導入を見つけて追うと良いですよ!」

エンボス

文字や絵などが浮き出されるような加工の事。陽刻。接着剤や印刷の技術が現代ほど発達していなかった昔は、瓶の内容物の情報の表示や装飾に、エンボスが最も冗長性が高いと判断されて用いられたと思われる。旧字体や独特の絵柄、現在では使われない言葉などが、当時のガラスの製作技術と相まって、何とも言えない古い瓶の魅力の一を醸し出している。逆の場合はデボスとの事。

チル

金型の型肌が焼け馴染む前に冷えて残ったもの。鎚目のように美しく、光を乱反射する。古いガラスの表情ではかなり少ないもの。例えば同じ糊瓶でも表情が全く異なる。見つけたら大事にするといいかも。

おまけ。

まるで水のような質感を持つ、チルあり糊瓶。
コバルト

投稿者: コバルト

とある南の国で、今はガラスを探しています。海や山で獲物を追ったり、ビーチコーミングしたり、何か作ったりしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です