古いガラスの記憶#10 無名の佃煮瓶

口の部分は手作業?今回はこの瓶について。

以前、この動画の中でも紹介しましたけれど・・・

現在持っている佃煮瓶の中で、一番気に入っている瓶について。

滑らかでありながらしわが見え、ワンポイントのような気泡に、斜めの口部分と、実に表情豊か。

少し楕円めいた佃煮瓶から、円筒形のもの、「今日もまた」みたいなエンボス入りのものと、佃煮瓶には本当に様々な種類があるのだけれど、今のところ一番気に入っているのはこの佃煮瓶である。
ではなぜ気に入っているのか?
実は「気に入っている理由が分からないから」気に入っているのだ。人は死ぬその瞬間まで、結局のところ自分がどんな人間かわからず、また、ある程度の歳を生きてこないと、「自分はこういう人間である」と、一言で表現するのは意外と難しい事で、この瓶は私の中にある「まだ言葉にできないけど魅力を感じる何か」を形にしてくれているものの一つ、としか言いようがない。
最大公約数的に言えば「とても個性的」になってしまうが、この表現ではとても寂しい。なので、ちょっと長くなるがこの瓶に感じる魅力を並べてみると・・・。

斜め上より。平らでなく斜めになった口が良く分かる。今なら不良品だろう。

深いグリーンに、当時の技術がまだ未熟であったため、強度を出す為に分厚いガラスで、ガラスの瓶と塊の中間のような重厚さがある(実際重い)。
滑らかな表面だが、光に透かすとガラスのしわが浮かび、降り始めた夕立の時間を止めたような大粒の気泡がぽつりぽつり。または、海から浮かぶ泡か?
斜めになった口は現在なら商品になりようもないレベルで弾かれるだろうに、そうではなかった大らかさ。
そして、栓を覆う紙か布を縛ったであろうくびれと、その下の豊かなふくらみ、そこからシュッと落ちる絞りで立ち姿は凜とさえしている。
茶入れを感じるデザインでさえある。

・・・ね?長すぎるでしょ?きっとこんな時の為に「百聞は一見に如かず」という諺があるんだなぁと、改めて感心したりね。
で、この瓶自体は、「まあいいじゃん、ただの佃煮瓶だったんだ。飾りたいなら飾っとけよ」くらいの、これまた多くを語らない瓶だと思う。

光にかざすと、また新たな魅力に気付く。奥深い。

いつか、この瓶の良さを一言で表現できるようになればいいなぁとしばしば思う。その頃には「コバルト」ではなく「古い佃煮瓶」と名乗っているかもしれない。それはそれで面白そうだけれども。
何か新しい知識や気付く事、自分の成長を実感できることがあっても、ふと、棚にある色濃いこの瓶を見ると、やはり言葉が浮かばず、「ああ、まだまだだなぁ」と思わせてくれる。そんな魅力のある瓶なのです。

では、また!

コバルト

投稿者: コバルト

とある南の国で、今はガラスを探しています。海や山で獲物を追ったり、ビーチコーミングしたり、何か作ったりしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です