古いガラスの記憶#11 マツ染料の瓶(小瓶含む)

マツ染料。染料瓶では名の知られた人気の瓶だが・・・

今回は「マツ染料」の瓶について。画像の通り松の木のエンボスと「料染ツマ」のエンボスが印象的で人気のこの瓶なのだが、実はあまり知られていない情報がある。

まず、これがみんな大好き、マツ染料

さてと、上掲の画像ををよく見たうえで、次の画像を見て欲しい。

おわかりいただけただろうか?

ここで、ある程度古い瓶に詳しい人は、「あれっ?」ってなるはず。

掘り出した後に検索して分かった事実だけれど、なんと、マツ染料にはほとんど現存していない小瓶が存在していたのだ。以下、比較画像。

ガラスの色の違いは個体差が大きいので除外するとして、微妙な大きさの小瓶だ。

内容量は通常の瓶の半分より多く、正直、微妙なサイズの気がする。

斜め上方より。

おそらく昔の人の感覚でも、この大きさであれば「大は小を兼ねる」に行き当たると思う。私もそうする。そのせいか、この「マツ染料」の小瓶は、ネットでも画像がほとんど無いレアな物となってしまっている。
掘り出した時は「おお、マツ染料だ!」と思ったものの、どうも何かが自分の記憶しているマツ染料と違う。で、比べてみたら明らかに大きさが違い、色々と調べてみたらほとんど画像の無い珍しいもののようだ。
理由はやっぱり、サイズが微妙だったせいとしか思えない。
しかし、瓶のコレクターとしては話が違ってくる。そういう物こそ価値があり、欲しくなり、眺めてみたくなるわけで、小瓶だと確定した時はとても嬉しかったものだ。いやむしろ、マツ染料に小瓶があった事実にびっくりしたほうが割合は大きかったけれども。

通常サイズのエンボス。
小瓶のエンボス。

なかなか精密なマツ染料のエンボスだが、小瓶の方はだいぶ簡略化されている気がする。しかし、それでもトレードマークはきっちりエンボスされているため、むしろその部分に可愛らしささえ感じる。
こうして、意識もしていなかった数少ない瓶の一つがまた手元に来て、マツ染料は無事に揃う事となった(と思う)。瓶の世界の奥深さと自分の知識不足を感じる出来事でもあったが、揃ってしまえば全てよし、である。

おまけ

小瓶は相当銀化が進んでいる。

では、また!

コバルト

投稿者: コバルト

とある南の国で、今はガラスを探しています。海や山で獲物を追ったり、ビーチコーミングしたり、何か作ったりしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です