ハケとガラスの探し方

最近、都市部で石蹴りや古いガラスを見つける人がしばしば現れて、とても嬉しい限り。
初期のボトルディガーさんたちの奮闘と、昔のガラスのあり得ない色合いや雰囲気から、「あんなもん本当にあるの?」とついついイメージが先行してしまいがちだけど、実際にはわりと最近まで、ほとんどの家庭でガラスや陶器を自宅で処理するしかなかった(ここテストに出ますよ!)んだよね。
なので、少し広い庭のある家なら敷地のどこかに埋めていたに違いないのだ。
これが少し田舎の方になると、複数の家庭で一つ所にまとめて埋めたり、集落で場所を決めて捨てていたりしていたんだよね(いわゆる大ハケ)。

つまり、都市部なら古い家のあった場所は全て少しずつならガラスの出る可能性があるということ。
ただし、大ハケなどを期待するのは難しい。そして大ハケを探すならどうしても田舎の方が有利になるだろう。
では、そういったハケ(かつてのガラスの捨て場)を探すコツはあるのだろうか?ざっくりとだが、ある。

自分がその家や集落の住人だったとしたら、処理できないゴミをどこに埋める・捨てるか?を良く想像する事。

ここで、以前話した、「世界の解像度」がとても重要になってくる。
例えば都会の空き地だったら、おそらく玄関や大通りに近い側には捨てないだろう。では玄関はどちら側なのか?陶片やガラス片が分かりやすく導入として集中して落ちていればいいけど、満遍なく散らばっている場合ももちろんある。ここで、昔の家の形や玄関の場所などを想定できるとだいぶ捗る。

地域によっては、「氏神様の後ろ」をゴミ捨て場にしていたり、不浄なものを全て水回りと同じ方向に埋めたり、とかね。

で、田舎の方でガラスを探す場合は、やっぱり中規模や大規模な大ハケを探して掘るのが醍醐味になって来るだろう。でもこれは、実は絞り込みがそう難しくはなくなってきている。
Googleマップなどのお陰なんだよね。慣れてくると「この辺に捨て場があったと思うんだよなぁ・・・」みたいに、次第に場所が絞れてくる。
あとは実地で探してみるのが一番。「そんなところに?」ってなるかもしれないけど、本来は隠したいものだったはずだから、「そんなところに」ある事も多いんだよね。
現在掘っている「ガレ場のハケ」もそう。周囲にしばしば古いガラスは落ちていたけれど、大岩でゴロゴロと埋め立てられているガレ場に、繊細なガラスがあんなにも眠っているなんて自分だって想像してなかった。「ガラスが出るんじゃないかな?」と目星をつけて掘ってはみたけれど、最初は「無いと確信出来ればそれで良し」くらいの気持ちで掘り始めていたからね。
動画でも言っているけれど、「無いかもしれない」ではなく「あるかもしれない」と思って探し続ける事こそが、一番大事なのかもしれない。

では、また!

コバルト

投稿者: コバルト

とある南の国で、今はガラスを探しています。海や山で獲物を追ったり、ビーチコーミングしたり、何か作ったりしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です