古いガラスの記憶#19 丸薬または「み号剤」の瓶

今回はこれ。気泡がすごいというより、気泡で出来ていると言った感じ。

表裏、あまり変わらないのだけれども。

アクア色のガラスに、限界まで気泡を含ませたらどうなるのか?おそらくこの瓶は、その答えの一つ。丸薬の瓶か、「み号剤」の瓶。
「み号剤」とは、かつての日本軍のパイロット、特に夜間哨戒や夜間迎撃の任務に就くパイロットに支給された、夜間視力増幅剤の事。
この極端に多い気泡を見ると、「それでも瓶が必要だった」事情が考えられ、ほとんどの瓶が陶製に変わっていた頃でもあえてガラスを用いるあたりに、民間ではない力を感じる。
もしも「み号剤」だったとしたら、過去に夜間の哨戒や迎撃任務に就くパイロットが、この瓶の薬を飲んで、夜の空に出撃していたかもしれないのだ。
ただ、今やそれを確認する方法は無いのだけれども。

空に透かして見る。
逆光に透かすと、水中から見る泡のようだ。

当時なら、本来の要求される材質や強度からは程遠いはずのこの瓶は、長い時間を経て掘り出された今となっては、見る者に涼しさを感じさせてくれる、美しくて魅力的なガラス瓶の一つであり、夏本番の暑さの中にあって、「そうだ、あの瓶の画像なら涼しい気持ちになれるかもしれない!」と思うような、特別な魅力を持つ瓶と化してしまっている。平和とは良いものだな、と、こんな時に思うのは、ちょっと斜めな価値観だろうか?

太陽に透かす。

故郷の震災で失われた海は、鳴き砂でありながら泳げる、稀有な砂浜だった。息を止めて水底から見上げる海面と泡はまさにこんな感じで、盛夏でも冷たいあの海を思い出す。うん、とても涼しくなれる。

逆光をより強めに。

昔であれば夜間の視力を良くする用途、今であれば心を涼しくしてくれるこの瓶は、いつも机の上のお気に入りスペースに置いてある逸品の一つであり、示唆に富んだ涼やかな落ち着きをもたらしてくれる。
そんな瓶なのだ。

では、また!

コバルト

投稿者: コバルト

とある南の国で、今はガラスを探しています。海や山で獲物を追ったり、ビーチコーミングしたり、何か作ったりしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です