夏の林道へ、しかし・・・

週末は高確率で林道に行く事になる事が多い。
田舎育ちで夏山の危険性を散々聞かされてきた自分としては、夏の山なんてあまり気が進まないのだけれど、一応ガラスの下調べにもなるし、本来なら行かない景色だからこそ有意義かな?とモチベーションを上げて探索するのだけれど、今回はちょっと良くなかった。

とりあえず、向かう途中で燕の大群に出くわす。これから旅立つのかな?

こちらは、熱い道路に体をくっつけている燕。長旅前にダニを落としているのかもしれない。

そんなこんなで林道だ。

古い時代からの重要な抜け道で、探索する意味は大いにあるのだけれど、
まず、異常にアブが多い。濃い色をしたうちの車にガンガンアタックしてくる。
これは、近くに大型動物がいることを示唆している事が多く、この場合、それはイノシシだったろう。

実際、林道手前の田んぼには厳重な電気柵があり、さらに水路にはイノシシの泥浴びの跡があったが、この跡がまだ濁っている。これは、昨夜使用された可能性が高く、近くにイノシシがいることを意味している
狩猟時期なら犬を放ってよいくらいの距離のはずだ。
そんなこんなで林道に入っても、まったく落ち着かない。極めつけは家族がイノシシらしき吠え声を聞いたとの事で、とにかくさっさと撤収したかったし、実際そうした。
この場所にいた時は妙な緊張感で消耗したけれど、おそらくそれは悪い場所とかそういう物ではなく、近くにいた動物の警戒心だったのだろう。

面白かったのが、林道手前の橋。
陶製の牛乳容器の他に、飴屋瓶などが置いてあった。

すぐそばには歴史の長そうな大きな農家がある。
話をすれば古いガラスなどが眠っていそうで、ぜひ機会があったら話をしてみたいなと思った。
そんな場所が一か所でも見つかれば、探索の意味は大いにある。

そして移動中、今度は雰囲気の良い林道があり、古い堰を見つける。ここは良い感じだ。
探索は楽しいものだけど、夏の山中はどうしても警戒し、消耗してしまう。やっぱり夏はよほど雰囲気の良い山か、基本は海だよなぁと思うのだ。

おまけ

写真撮らせてくれた燕。かわいい。

では、また!

コバルト

投稿者: コバルト

とある南の国で、今はガラスを探しています。海や山で獲物を追ったり、ビーチコーミングしたり、何か作ったりしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です