十数年ぶりの海へ

連日の畑の作業はだいたい11時から15時くらいと、一番暑い時間に集中してしまっている。
夜は疲れて寝てしまうし、午前中は涼しいうちに机に向かったり家の中の事をやるし、15時以降の涼しくなる時間は探索などに向いているため、よりによってハードな畑仕事が一番暑い時間になってしまうという、合理を突き詰めすぎて間違った労働環境を作った会社のような感じになってしまっている。

「そういえば、去年の夏は海に入りそびれたな・・・」

海大好き人間が、去年は全く海に入っていない。というか、ここ十数年、海に入ってない。
かつては東北は宮城県、女川町の塚浜、という大変綺麗な海でひと夏ずっと・・・それどころか、6月から9月いっぱいまで(これは地域の人ならわかるが、水がとても冷たいので狂気の沙汰。真夏の一か月程度しかまともに海水浴なんてできない)泳ぐような人間だった。鳴き砂に、まるで空気中のような透明度という稀有な砂浜だったのだけれど、大震災で沢山の遺体があちこちに流れ着いた故郷は、もうみんな海を怖がり、遠ざけるようになってしまった。

そして自分自身も色々あって、ここ十数年、時間が止まっていた感じなのだ。
こうして落ち着いてみると、YouTubeで見る芸能人は軒並み老けたり亡くなったりしているし、まるでタイムスリップしたか、長い間記憶喪失や意識不明だったか、はたまた刑務所にでも入っていたらさもありなん、と言った感じ。

・・・と、すごく長い前置きになってしまったが、そんな自分が海に入る事は、「人生が落ち着いた」という事と同義なんだよね。

で、そんなこんなで海に入ろうとしていたら、

海に落ちた・・・

海が「ええからとっとと入らんかいワレぇ!」と言っているようだった。

「長かったなあ、・・・いや、一瞬か?」
と、海に入って思う。

かつてはこんな光の下で泳いでいた。それが戻ってきた
オニヤドカリ。大きい奴は本当に大きいよ。
クサフグ。かわいい
アオリイカの子供たち。あまり人を怖がらない。
ウツボ。彼らは意外とのんびり屋である。

今年の夏はしばしば海に入ると思う。何か珍しいものを撮影できたら、動画にしてアップしようかなと思っている。

では、また!

コバルト

投稿者: コバルト

とある南の国で、今はガラスを探しています。海や山で獲物を追ったり、ビーチコーミングしたり、何か作ったりしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です