プレゼントと、新たな場所の探索

はじめに・・・欲しいものリストからの・・・

プレゼントありがとうございます!

トマトジュース二箱届きました!夏場にはとにかくパワフルに動きたいので、これはとても助かります。
このデルモンテのトマトジュースは、何かとかわいがってくれた母方の祖父が、子供の頃に箱で買い与えてくれていたもので、盆の近いこの時期にいただくと、何か色々と胸に去来するものがあります。
で、毎日わりと高密度で過ごしているのですが、この暑さですし体力を消耗する活動も多いしで、とてもハードなのですけれども、これがあると、「あとひと踏ん張りするか、トマトジュースあるし」ってなるのでありがたいです。

重ね重ね、ありがとうございます!

さてさて、そんな素敵なプレゼントをもらった日ですが、畑の除草のあとに、眼をつけていた怪しいスポット二か所を探索してきました。
一か所目は別の記事に書きますが、レートフードの大瓶を拾ったあたりです。
推測は出来ましたが安定して瓶が埋まっている可能性は現時点ではかなり低そうだと判断して、未踏のビーチに行きました。

キリンビール小瓶、エンボスあり。

あ、ここ有名スポットだわ・・・

この地域のハケの存在条件にも色々とマッチしているこの場所は、ビーチコーミング的な古いガラス探しに訪れている人の多い場所のようで、所々に掘り返した後があるし、掘り返し方の癖から、知っている人もしばしば訪れている場所であろう事がうかがい知れた。
掘ってない人も来ている気がする。おそらく数名はここに来ている気がする。

そのせいもあってか、有望な破片や、上掲のような物も落ちているが、決定的なものは拾えない。
ぱっと見は枯渇スポットになりつつあるのだ。
・・・が、ガラスの気配が濃厚なので、いずれここでも色々見つけられる気がする。

今度はそのような視点でくまなく探しまくると・・・うん、悪くないようだ。ここはもう少し涼しくなったらまた探索しようかな。

この日は夕方からやや気温の低い空気が流れ込んできて、霧の深い幻想的な景色がひろがり、夕焼雲もきれいだった。

おまけ

霧の中の灯台
夕焼雲

この日の夕焼雲は撮影した人もちらほらいたらしい。そうだよね、綺麗だったよ。

畑仕事で思う事

やっと梅雨も明けたし、長梅雨で草ぼうぼうになってしまった畑の除草を始めた。
とはいえ、用事や出かけたい場所もたくさんあるため、よりによって一番暑い時間にこの作業をする、というあまり賢くない選択をしてしまっているのだけれど。

人力でひたすら刈る。
まずは周囲をぐるりと刈って、仕事が見えやすくするやり方。

で、こちらが取り掛かってすぐ。

こちらは除草二日目の開始時点。今日はこの半分を刈れた。

作業時間はそう長くないとはいえ、人力だし、だいたい昼前後の時間なので、全身汗びっしょりである。夏の間にしたい事、すべき事は数多く、好きな事とはいささか趣が異なるこの作業を、一番過酷な時間に押しやった結果だ。

しかし一方で、夏の暑さで体調を維持する流れを大事にしている自分には、この作業はそう悪くない。首都圏でエアコンの効かない車で移動し、過酷な肉体労働をしていたこともあるので、身体を鈍らせなくて丁度いい、ということだ。
それに、このように過酷な汗を流す仕事は、何というか心を安定させてくれる。

宮本武蔵を主人公にした「バガボンド」という有名な漫画がある。途中から農作業シーンが多くなって色々言われているし、実際に自分も以前は「農作業マンガじゃないんだから」と思っていたけど、今は全くそうは思わない。土を耕したり、畑や田んぼを作るというのは、おそらく人間の基本の一つで、人の心から余計なものをそぎ落とす効果があるようだ。成長していった剣豪には必要な時間のように思えてしまう。
そんなこんなで、畑での時間はとても大事なものになりつつあったりする。

あと一日除草したら、次はやっと植え付け作業だ!

では、また!

夏の林道へ、しかし・・・

週末は高確率で林道に行く事になる事が多い。
田舎育ちで夏山の危険性を散々聞かされてきた自分としては、夏の山なんてあまり気が進まないのだけれど、一応ガラスの下調べにもなるし、本来なら行かない景色だからこそ有意義かな?とモチベーションを上げて探索するのだけれど、今回はちょっと良くなかった。

とりあえず、向かう途中で燕の大群に出くわす。これから旅立つのかな?

こちらは、熱い道路に体をくっつけている燕。長旅前にダニを落としているのかもしれない。

そんなこんなで林道だ。

古い時代からの重要な抜け道で、探索する意味は大いにあるのだけれど、
まず、異常にアブが多い。濃い色をしたうちの車にガンガンアタックしてくる。
これは、近くに大型動物がいることを示唆している事が多く、この場合、それはイノシシだったろう。

実際、林道手前の田んぼには厳重な電気柵があり、さらに水路にはイノシシの泥浴びの跡があったが、この跡がまだ濁っている。これは、昨夜使用された可能性が高く、近くにイノシシがいることを意味している
狩猟時期なら犬を放ってよいくらいの距離のはずだ。
そんなこんなで林道に入っても、まったく落ち着かない。極めつけは家族がイノシシらしき吠え声を聞いたとの事で、とにかくさっさと撤収したかったし、実際そうした。
この場所にいた時は妙な緊張感で消耗したけれど、おそらくそれは悪い場所とかそういう物ではなく、近くにいた動物の警戒心だったのだろう。

面白かったのが、林道手前の橋。
陶製の牛乳容器の他に、飴屋瓶などが置いてあった。

すぐそばには歴史の長そうな大きな農家がある。
話をすれば古いガラスなどが眠っていそうで、ぜひ機会があったら話をしてみたいなと思った。
そんな場所が一か所でも見つかれば、探索の意味は大いにある。

そして移動中、今度は雰囲気の良い林道があり、古い堰を見つける。ここは良い感じだ。
探索は楽しいものだけど、夏の山中はどうしても警戒し、消耗してしまう。やっぱり夏はよほど雰囲気の良い山か、基本は海だよなぁと思うのだ。

おまけ

写真撮らせてくれた燕。かわいい。

では、また!

灼熱の探索

まず最初に、動画の冒頭でもお礼を言っていますが、

プレゼントありがとうございます!

折しも夏の大規模な瓶洗浄中だったので、グッドタイミングです。ありがとうございます!

で、8月1日。世間は猛暑で、毎日高温だからと警報も流れていたりするけど、何しろ大潮である。出かけないはずはなく、当然気になる場所を探索に出るのだった。

最初のビーチは砂が多すぎてイマイチだった。台風にでも洗われない限り難しそうだ。

左手の漂着線が波打ち際で、リップルマークの連なるこの砂地は、本来は石ころとガラスやゴミの多いごつごつした心躍る場所だったんだけど、現在は30~40センチは砂でかさ上げされてしまっている。

ダメだな・・・。

こうして、次のスポットに移った。

山にはガスがかかっている。
そして海名は赤潮。

情報量が多い。以前と様子の変わった場所もあるので、じっくり探索していく。(途中で車のライトつけっぱに気付いて慌てたのは内緒)

こんな岩場やがけをひたすら進んでいく。
時間は丁度昼過ぎで、最も暑い時間だ。

以前、月猫のインキ瓶を拾った場所は崩落が進んでダメだったけど、意外な事に休もうとして木陰に入ったら、そこで瓶や目薬瓶を見つけてしまった。

初見タイプだね。

それて、自分には珍しい事なんだけど、状態が良いシーグラスも。

ジェリービーンズみたいなのもあるね。

この日の行程は長ーい動画にもなっているので、詳細はこちらで!

それにしても、暑い一日だった!

本当は化石も探したかったのですが、目当ての場所はここではないみたいなのです。

では、また!

古いガラスの記憶#20 チビ六角ニッキ水

今回はこちらね。

ニッキ水の中には『チビニッキ』と呼ばれる、特に小さいものがあります。ひょうたん型のチビニッキは有名ですが、あまり知られていないこのタイプのチビニッキ水、私は大好きなのです。「ガレ場のハケ」にて運良く二色揃ったので、今回の記事を書くことにしました。

以前、「正チャン」のニッキ水瓶の記事でも書きましたが、ニッキ水瓶にはしばしば無色透明のものと、アクア色のものとがあります。
今回揃ったチビニッキ水、改めて二つ並べてみましょう。

二つ並べて立ててみる
こちらは倒してみる。

同じガラスなんですが、この色の違いだけで受けるイメージも全く違ってきますね。透明にもアクア色にも、全く異なる魅力があるのは素敵な事です。

あえて詩的に表現するとしたら、無色は風、アクア色は海でしょうか?

こちらは歪みも素敵で、気泡はゆっくり。
こちらの気泡はスピード感がある。

同じ日の同じ時間に撮っている画像なのに、なぜか背景の海と空の色が違うのがまた面白いです。どういう仕組みなんでしょうか?

この、チビ六角形ニッキ、実はニッキ水の中ではあまり出ない、数少ないもののようで、ネットを探し回ってもそんなに画像が多くありません。しかし、見つけることができればこのようにとても美しいものなので、是非とももっと知られて欲しいなと思うのです。
運良く二つの色をそろえることができたので、現在この二つは私の机の「特にお気に入りスペース」に仲良く並んでいるのですが、梅雨が明けた灼熱の日々の夜、ふと目を向ければ涼しい気持ちにさせてくれる、そんな存在感と美しさを持った瓶なのです。

では、また!

廃タイヤ調査の結果と、謎のレートフード

ウミガメもしばしば産卵する、そう遠くない海岸に、「Googleマップでも確認できる廃タイヤが沢山捨ててある」との話を聞き、では実際にどれくらいあるのか?と、調査する事にして、その経過と結果を折角だから動画にもしていたのです。

これは前編。

ちなみに、ひどい所はこんな風にタイヤが並んでます。

これらのほとんどはトラック用の大型タイヤなので、そりゃあ確かにGoogleマップにも写っちゃうよなぁと。

で、一応、二度に分けて綿密に海岸を歩いて調査した結果なのですが、

大型トラックの廃タイヤ 66本

普通の廃タイヤ 1本

廃タイヤ合計67本

という結果になりました。全行程は1.2キロ前後の海岸線ですから、これは大変な数になります。古い水路の簡易的な護岸に使われていたものはともかく、広い海岸に流出したものくらいは何とかしたいところですね。

行政に何度か話は行っているそうですが、処理のルートが複雑で面倒なタイヤは、行政とは非常に相性の悪い廃棄物の一つです。行政は廃タイヤの直接的な処分ルートを持っていないのですよね。

なので、タイヤ業者や自動車販売会社にでもあたりを取り、処分費用を見積もってもらってから、計画を立てる必要があると思います。

後編の動画はこちら。

・・・で、この日の調査の途中なんですが、どういうわけか「レートフード」の大瓶を拾いました。
大瓶が存在していたのもびっくりですが、それ以前に傷のほとんどないこれが落ちていたのが不思議でなりません。
今まで何度も歩いていた場所で、古いガラスが落ちていたことは無かったんですけれどねぇ・・・。

分かりづらいですが大瓶です。

経験上、こんな時は見落としているハケがあったりするもので、導入っぽいのです。近々、調査してみようと思います・・・が、
これ受け取ったらタイヤの処分しなくちゃならない流れなんじゃ?

ま、まあ、その時は何とか頑張るよ、うん。

では、また!

PIN届きました!YouTube初収益!

これ、何かわかりますか?

これはGoogleアドセンスの住所確認用PINが記載されている封筒なのです。YouTubeの収益はGoogleアドセンスと連動しており、その収益の概要、確定金額や支払いはGoogleアドセンスからになります。
YouTubeでチャンネル登録をして収益が振り込まれるまでの流れを簡潔にまとめますと・・・

  • YouTubeにチャンネル登録をする
  • チャンネル登録者1000人、総再生時間4000を超える。
  • 収益化審査開始
  • 収益化審査通る
  • 収益が1000円を超えると、口座の確認、住所の確認が行われる。
  • 口座の確認は指定口座にGoogleから振り込まれる、二ケタ円のランダムな金額を入力。
  • 住所の確認は、発送されたとアナウンスのあるPIN(到着まで2~5週間程度かかるとの事)を受け取り、それを入力
  • 月末までの収益が翌月の10日以降にGoogleアドセンスに反映する。これが8000円を超えると、翌月の21~26日には振り込み

といった流れになります。

今回私は6月2日に審査が通り、7月の10日過ぎにはそこそこの収益が反映し、7月13日にPINを発送したという通知が来て、7月27日に PIN が到着、入力後の深夜には支払い済みという通知がなされて支払い残高0になり、先ほど、口座への振り込みを確認したところです。
全てが最短で進み、とてもびっくりしています。

本来、YouTubeのチャンネル登録者が1000人を超えるのは早くても秋くらいかと思っていたので、このペースは予定を次の段階に進められるのでとてもありがたいですね。

ちなみに、YouTubeの収益化のハードルは確かに高くなった印象ですが、収益化の壁を越えてしまうと、少しスムーズに活動できるくらいには収益が上がります。粗造乱造を防いだり、最近も規約が変わって批判系の動画の収益はなされづらくなっていくようですが、私みたいな動画をアップしている者にはむしろ追い風なので、良い傾向じゃないかと思います。

批判よりは自然に向き合ったりする方が有益だし、楽しいですもんね。

なんだかんだでとても早くチャンネル登録者一万人を達成できたのも、楽しんでくださってる皆さんのお陰です。いつもありがとうございます!

では、また!

プレゼントとガラス洗い

今日はとても嬉しい事がありました!

先日、こちらのブログに載せた「Amazon欲しい物リスト」ですが、今日、さっそく視聴者さんからプレゼントが!

GoPro用のウインドスレイヤーです!

もうとても嬉しい!ありがとうございます!

動画の方でも取り上げさせていただきました。

・・・で、今日なんですが、やっと梅雨明けと思ったら、どうにも荒天の予感です。であれば、やっておくべきことは一つ。時間の限りたまりにたまったガラスを洗うべきなのだ。

でっかいクリーム瓶内部のの頑固な汚れもやっと落ちた。

そんなわけで、今日は動画を撮りつつひたすらガラスを洗っておりました。ハイドロハイター水槽も入れ替え出来そうでいい感じです。

見ているといつまでも時間を奪われる恐るべき洗い物の数々。

動画はこちらに。

この動画は長いので、前後編に分けてます。
残りの洗浄と、洗ったものについての説明は、後編で!

あと、重ね重ね、プレゼントありがとうございました!!

では、また!

古いガラスの記憶#19 丸薬または「み号剤」の瓶

今回はこれ。気泡がすごいというより、気泡で出来ていると言った感じ。

表裏、あまり変わらないのだけれども。

アクア色のガラスに、限界まで気泡を含ませたらどうなるのか?おそらくこの瓶は、その答えの一つ。丸薬の瓶か、「み号剤」の瓶。
「み号剤」とは、かつての日本軍のパイロット、特に夜間哨戒や夜間迎撃の任務に就くパイロットに支給された、夜間視力増幅剤の事。
この極端に多い気泡を見ると、「それでも瓶が必要だった」事情が考えられ、ほとんどの瓶が陶製に変わっていた頃でもあえてガラスを用いるあたりに、民間ではない力を感じる。
もしも「み号剤」だったとしたら、過去に夜間の哨戒や迎撃任務に就くパイロットが、この瓶の薬を飲んで、夜の空に出撃していたかもしれないのだ。
ただ、今やそれを確認する方法は無いのだけれども。

空に透かして見る。
逆光に透かすと、水中から見る泡のようだ。

当時なら、本来の要求される材質や強度からは程遠いはずのこの瓶は、長い時間を経て掘り出された今となっては、見る者に涼しさを感じさせてくれる、美しくて魅力的なガラス瓶の一つであり、夏本番の暑さの中にあって、「そうだ、あの瓶の画像なら涼しい気持ちになれるかもしれない!」と思うような、特別な魅力を持つ瓶と化してしまっている。平和とは良いものだな、と、こんな時に思うのは、ちょっと斜めな価値観だろうか?

太陽に透かす。

故郷の震災で失われた海は、鳴き砂でありながら泳げる、稀有な砂浜だった。息を止めて水底から見上げる海面と泡はまさにこんな感じで、盛夏でも冷たいあの海を思い出す。うん、とても涼しくなれる。

逆光をより強めに。

昔であれば夜間の視力を良くする用途、今であれば心を涼しくしてくれるこの瓶は、いつも机の上のお気に入りスペースに置いてある逸品の一つであり、示唆に富んだ涼やかな落ち着きをもたらしてくれる。
そんな瓶なのだ。

では、また!

ブログの更新と欲しいものリスト

以前、質問箱でこんなやり取りがありました。

「欲しいものリスト?」そういえばどっかで見た事あるなぁ。・・・というわけで、今夜はブログ周りをついでに色々といじっておりました。

まず、サイドバーにTwitterとInstagramとYouTubeのリンクボタンを追加。
そして、その下にはテキストとリンクで「Amazon欲しいものリスト」のリンクを貼りました。

どんなものをリクエストすればよいかが分からないので、誰かから貰ったら嬉しいなと思うものをピックアップしてみました。

正直なところ、「本当に何か届くなんて事があるの?」と思っていたりするので、何か届いたらかなりびっくり&感動すると思います。

そして、もし本当に何か届いたら・・・

動画で紹介&どこかの掃除をしてきます

だってそれくらいモチベーションあがるじゃあないか!
さて、本当に何か届くのかな?

では、また!