古いガラスの記憶#10 無名の佃煮瓶

口の部分は手作業?今回はこの瓶について。

以前、この動画の中でも紹介しましたけれど・・・

現在持っている佃煮瓶の中で、一番気に入っている瓶について。

滑らかでありながらしわが見え、ワンポイントのような気泡に、斜めの口部分と、実に表情豊か。

少し楕円めいた佃煮瓶から、円筒形のもの、「今日もまた」みたいなエンボス入りのものと、佃煮瓶には本当に様々な種類があるのだけれど、今のところ一番気に入っているのはこの佃煮瓶である。
ではなぜ気に入っているのか?
実は「気に入っている理由が分からないから」気に入っているのだ。人は死ぬその瞬間まで、結局のところ自分がどんな人間かわからず、また、ある程度の歳を生きてこないと、「自分はこういう人間である」と、一言で表現するのは意外と難しい事で、この瓶は私の中にある「まだ言葉にできないけど魅力を感じる何か」を形にしてくれているものの一つ、としか言いようがない。
最大公約数的に言えば「とても個性的」になってしまうが、この表現ではとても寂しい。なので、ちょっと長くなるがこの瓶に感じる魅力を並べてみると・・・。

斜め上より。平らでなく斜めになった口が良く分かる。今なら不良品だろう。

深いグリーンに、当時の技術がまだ未熟であったため、強度を出す為に分厚いガラスで、ガラスの瓶と塊の中間のような重厚さがある(実際重い)。
滑らかな表面だが、光に透かすとガラスのしわが浮かび、降り始めた夕立の時間を止めたような大粒の気泡がぽつりぽつり。または、海から浮かぶ泡か?
斜めになった口は現在なら商品になりようもないレベルで弾かれるだろうに、そうではなかった大らかさ。
そして、栓を覆う紙か布を縛ったであろうくびれと、その下の豊かなふくらみ、そこからシュッと落ちる絞りで立ち姿は凜とさえしている。
茶入れを感じるデザインでさえある。

・・・ね?長すぎるでしょ?きっとこんな時の為に「百聞は一見に如かず」という諺があるんだなぁと、改めて感心したりね。
で、この瓶自体は、「まあいいじゃん、ただの佃煮瓶だったんだ。飾りたいなら飾っとけよ」くらいの、これまた多くを語らない瓶だと思う。

光にかざすと、また新たな魅力に気付く。奥深い。

いつか、この瓶の良さを一言で表現できるようになればいいなぁとしばしば思う。その頃には「コバルト」ではなく「古い佃煮瓶」と名乗っているかもしれない。それはそれで面白そうだけれども。
何か新しい知識や気付く事、自分の成長を実感できることがあっても、ふと、棚にある色濃いこの瓶を見ると、やはり言葉が浮かばず、「ああ、まだまだだなぁ」と思わせてくれる。そんな魅力のある瓶なのです。

では、また!

古いガラスの記憶#9 コバルトブルーの瓶

一番の推し瓶にして、アイコンやら名前やらにも使っている「コバルト」色の瓶について。

光に関わると、コバルトの瓶は何とも言えない青い光を跳ね返すことがある。

コバルト・・・色であり元素であり、漢字で書くと 「鈷」 である。元素で言うなら原始番号は27。その語源は、ファンタジーにしばしば出てくる妖精「コボルト」であり、かつて精錬できなかったこの金属は、妖精コボルトが人間を困らせるために魔法をかけた、使い物にならない金属だったとされるところかららしい。

そんなコバルトをケイ酸コバルトとしてガラスに用いると、このよう魅惑的な「コバルトブルー」が発色する。有毒なケイ酸コバルトを用いてまで作った瓶の目的は、内容物(主に高価な薬品)の日光からの保護であり、安価な茶色の瓶ではなくコバルトガラスを用いた点には、見ただけでそれが高級なもので、かつ取り扱いに注意を要するというわかりやすい喚起の目的があったと思われる。

今ではほとんど見られないコバルトガラスは、時の流れを無視した存在感を持っている。

そう、コバルトブルーとは、抗しがたい魅力の色であると同時に、注意喚起の色であり、また猛毒を扱う手間をかけたからこそ現れる、まこと奥深い色なのだ。人もまた、経験を積んで歳を取っていけばかくありたい、という私の理想の人物像に近いものを感じる。すなわち、ぱっと見魅力がある。しかし簡単には見通せない深さがあり、苦楽織り交ぜた経験により必要なだけの毒もある・・・と。

最大限光を通して撮影しても、静かな深いブルーが佇むだけ。

古いガラスを探す上で、良いハケの例えなどにも使われる「ニッキ、ペロペロ、金平糖」だが、私はこれにコバルトガラスをひっそり付け加えている。私のTwitterのアカウントなどはcobalt_hunterであり、本来はコバルト色のガラスを第一目標として、いつもガラスを探したり掘っているのだ。 ・・・まあ、なかなか希少で滅多に出てこないのだけれど。

太陽に透かすと、そこにあるのは別の世界の入り口だ。光さす異世界である。

動画を撮りながらハケを掘っていると、毎度何がしかの希少なガラスと出会える。それはそれでとても嬉しいのだけれど、コバルトブルーのガラスに出会える事は滅多になく、「さて、コバルトのガラスはどこだろうね?」という微妙な蓄積が心に積もり、探索の日々は長く続いていく事が多い。
その一方で、帰ってきてから机に置いてあるこの瓶を見やると、「まあ、こんなもんでいいか」と、妙に納得した気持になれる。

そんな説得力のある、実に奥深い色をした瓶なのだ。

では、また。

古いガラスの記憶#8 「今日もまた」 佃煮瓶

書籍「日本のレトロびん」の裏表紙と、1ページを丸々使って紹介されているユニークなネーミングの瓶。「今日もまた」について。

こんな状態で落ちていた。驚いたなんてもんじゃない。「なんだこれ?」である。

海苔佃煮瓶だったのか、普通の佃煮瓶だったのか?詳しい事はまだわからない。この瓶を拾った日は海で初めて浮き球を拾ったのだが、その日の夕方にはその浮き球を割ってしまったのだ。そして、翌日からまた浮き球を探す事にしたのである。まさに「今日もまた」だ。

ガラス中に不純物が多く、この場所ではエンボスが見えづらい。

そんな痛恨の経験もあったせいか、ユニークなネーミングと言われるこの瓶の名前が、私にはなかなか考え抜かれたもののように思える。何があろうと、変わりなく「今日もまた」一日が始まり、過ぎていく。それはとても幸せな事と言えなくもないからだ。

見えづらいが、「いづみ」というエンボスも下部にあり、遠目には「今日もまたっ」とも見える。
斜め上から

そしておそらく、様々な家庭の変わりなく過ぎていく健全な日々のお供に、この「今日もまた」は存在しており、かつ、「今日もまた」食べてもらえるようにというダブルミーニングだったのかもしれない。

私は言葉も扱う人間だから、このユニークに見える名前が結構好きだったりする。そして、長い年月や幾多の嵐を超えて私に拾われたこの瓶は、私を笑わせ、元気づけ、瓶探しに行く私の部屋にちょこんと飾られているのである。

そう、「今日もまた」ね。

古いガラスの記憶#7 東京駒宮商会 八角神薬

私はあまり神薬へのこだわりは無いのだけれど、それでもこれは手にしてとても嬉しかったし、いつもデスク際に飾っているくらいには好きな瓶だ。きっちりとした書体に深いコバルトブルー、コルク栓使用でありながらエッジの立った八角形。そして、自分のハケ読みで掘り出せた事もあり、とても思い入れのある瓶なのです。

深いコバルトブルーは、不思議な青い光を出しているようにも見える。

この瓶は、現在の自分のスタイル・・・「ハケの全容を把握していく掘り」での発掘品。時間が限られているタイプのディガーはどうしてもハケの豊かな棚を追う癖があり、一部の著名なディガーの方々のように、「ハケを全て掘りつくす前提での掘り」をしない傾向があるが、それは大変な損なのだ。

というのは、「ハケの際」には無傷の良い瓶や大瓶が転がり、その上から土をかぶせられることがままあるため、ハケの際や端ではない部分から良い棚を追っていくと、数多い出土品に目が行って、このようなお宝を逃してしまう事がしばしば起きてしまうのだ。

そして、この神薬はしばらく何もない所を延々と掘り続け、やっと到達したハケの際からポロっと転がり出てきた。推測と努力が報われた瞬間である。さらに言うなら、この八角神薬はおそらくわざわざ東京で買い求められたものなのだ。ハケ自体が配置薬ハケではなく、通常の神薬も無ければ、その他の配置薬もほぼ無いハケであり、そして東京駒宮商会のエンボス。当時の誰かが上京してわざわざ買い求め、そして捨てた、おそらくただ一つの神薬を拾えたという事になる。

品と威厳と深み・・・。

この神薬はボトルディガーとしての自分の道しるべであると同時に、大事なベンチマークにもなっている。当時、「一番最初に手にした神薬がよりによって八角神薬かい!」と驚愕したものだが、この瓶がディガーとしての私の背中を押したり、趣味とは少しずれた価値観を持つ人々(要するに人気の古ガラスのレア度とかでマウント取ろうとする残念な人々)に対してのお守りのような効果を発揮したりと、さすがに「神薬だなぁ」と感心する事になった。

コバルト色のお気に入りの瓶と並んで、どこか瓶神様の意志を感じる瓶である。神薬、特に八角神薬は、何かが宿りやすいのかもしれない。

「駒宮商会」のエンボスは、神薬のエンボスの真後ろではなく、ややズレた面にエンボスされている。

実際、ネットで多くの先達やディガーの方々を見ていると、どうも八角新薬は瓶神様の免許か何かのようで、手にしている人々は発掘品も一味違うイメージだ。私もなんだか妙に珍しい瓶を手にさせていただいており、デスク際にちょこんと坐するこの瓶を見ると、小さなお社かお札でも見ているような、そんな気になる瓶である。

果たして、次の八角神薬はいつ来るだろうか?

古いガラスの記憶#6 ロイドインキ瓶

古ガラスやボトルディギングの中でも、とりわけ幅広く魅力のあるカテゴリーと思われるインキ瓶。この「古いガラスの記憶」でのインキ瓶第一回は、「ロイドインキ瓶」とすることにしました。

側面?より。
正面より。

ロイドインキは検索したところ、色合いがやや多様で、このように濃い物から、とても薄いものまでさまざま存在しているようです。透明のもの、サイズ違いのもの(これより小さい)もあるようです。いずれ手に入れたいものですね。

上面より。オシャレなエンボスの柄と気泡、濃い色が表情豊か。
底面エンボスを横から。

底面には英語表記の「LLOYD INK」、日本語表記の「ロイドインキ」とバイリンガルに表記されています。情報も少ないんですよね。

底面を上から、気泡が良く分かる。

このロイドインキ、会社含めて年代が良く分かりません。戦前、戦中にはかかっているようですが、現在調べて分かっているのは、シールの下に「鈴木インキ」と表記されているものと「ロイドインキ」と表記されていたものがあったようです。で、鈴木インキには普通の丸いインク瓶もあり、製造元は「東京市 神田区」とあるのです。東京市が都に変わったのは1943年の事ですから、それ以前になりますね。一方で、インク消しなども販売していた「ロイド産業株式会社」はかつて長野に工場があったらしいのですが、現在は消滅しており、情報も全くありません。

化石のように残されたのは、この特徴的なデザインのものを含む幾つかのインク瓶です。記録に欠かせないインクの瓶を扱う会社の情報がほとんど残っていない、というのはなかなか皮肉な話で、一日に何度か視界に入るこのインキ瓶は「まあいいじゃないか、そんな昔の事はもう忘れたよ」と、まるで多くを語らないながらも微笑する中年の男性のような、そんな雰囲気を漂わせつつ沈黙している瓶なのです。

古いガラスの記憶#5 ライターオイル瓶?

詳細はまだ判明していないのですが、現状では「ライターオイル瓶かな?」と思っている瓶についてです。
まず、画像の表示サイズの仕様(最初の画像が小さくなるっぽい)のため、底面から。

横に伸ばした六角形。エッジの立つデザインが、技術的な問題で柔らかさを内包したものになっている。

で、正面。

ガラスの歪みがそのまま残っています。

裏面(いや表裏はわからないけどね)

歪みが顕著なのはこちら側ですね。

滑り止めを考えたデザインなのか、両サイドに細い線が規則正しくエンボスされています。そして口の形から、「持って振るタイプの化粧品」かな?とも思ったのですが、口の形と、手に平にすっぽりと収まるサイズ、男性的なデザインから、ライターオイル瓶じゃないかな?と考えているわけです。

真相が分かれば追記していきますが、これもなかなか魅力のある小瓶です。

古いガラスの記憶#4 雨の水飴瓶

掘り出し時に「こんな大きいものが完品で埋まっているわけがない」という、未熟な頃の固定観念で口を傷つけてしまったこの大瓶、どうやらかつての水飴の瓶だったようです。

気泡がすごい。時間の止まった大雨のようだ。

雨のような気泡の降り注ぐこの大瓶は、ふと眺めれば真夏の暑い日さえ、心に一瞬の驟雨(しゅうう=にわか雨)を呼び起こし、どこか心を涼やかに落ち着いたものにしてくれます。

正面より。雨が降り注いでいる。
斜めより。気泡の多いこの時代にもかかわらず、足の部分も空洞になっている繊細な造りをしている。

基本的に、完品でなければ飾らない考えの私は、それでも何か強く惹きつけられる魅力をこの瓶に感じており、気がつけば「保留のものを置いておくテーブル」にずっと安置したままになっているのでした。
そして、しばしば手に取って眺めたり、青空に透かして気泡の雨を想像したりと、ついついしてしまう。そんな魅力的な瓶なのです。

古いガラスの記憶#3「正チャン」ニッキ水瓶

三回目となった、古いガラスの記憶ですが、今回は「正チャン」ニッキ水瓶についてです。「正チャン」とは、1924年(!)から1926年(「正チャンのその後」含む)にかけて、朝日新聞または朝日グラフで連載された、リスを相棒に冒険する、当時の国民的漫画/絵本(中間的作品の為、/使用)のキャラクターであり、愛用のボンボンのついた帽子は「正チャン帽」と呼ばれ、子供たちの間で大流行した。

との事。つまり、国民的な漫画のキャラクターだったわけです。で、漫画で人気なら子供のおやつにもモチーフにされるわけで、誕生したのがこの「正チャン」ニッキ水瓶というわけです。

正面より
背面。「正チャン」のエンボスがバン!と浮かび上がっている。
帽子のボンボン部分は飲み口になっていて再現不可な仕様。
ちょっと銀化していますね。

さてこの正チャンですが、冒険好きのせいか、大抵大怪我しておられるわけです。いったい何と戦っていたのかは分かりませんが、五体満足な正チャンは非常に珍しく、怪我した正チャンが出て来てはディガーを一喜一憂させる、そんな希少品なのです。
私もかつて海辺で、何と戦ったのか頭部を失ったアクアブルーの正チャン瓶を手にし、引き寄せに期待して約一年、この度やっとそれが叶ったわけです。

左は以前の怪我した正チャン。ガラスの色から違うが、形は寸分たがわない。
左はガラス本来の色にしては青が強い気もしますね。

珍しいニッキ水瓶とされるものは幾つかありますが、この「正チャン」ニッキ水瓶は、その中でもかなり希少な方ではありましょう。

しかも実はこの「正チャン」、さらにレアな仲間がいます。「ノンキナトウサン」と、「マエノタイショウ」といいます。果たして、仲間が全てそろう日は来るでしょうか?

とりあえず、頭部を失った正チャンが、ついに完全体を引き寄せてくれたので、今回は「正チャン」ニッキ水の回としました。

実は今回の「古い瓶の記憶」は、「古ガラス欲張りセット」とも言うべき希少な特徴のある瓶にしようと思っていましたが、前回の記事の絡みもあり、急遽こちらにしました。この瓶の予備知識を持っていてもらえると、発掘回の動画の雰囲気が伝わりやすいかと思い、こちらにしたのでした。

それでは、また!

古いガラスの記憶#2 ライオン歯磨き粉瓶

少し前に動画にもアップしましたが・・・

今回は好きな人も多い、ライオンの歯磨き粉瓶について。
いつもの撮影スポットでの画像と、ざっくりとした説明を。

現在私たちが使っている「歯磨き粉」は、正確には「練り歯磨き粉」と呼ばれる、ペースト状に加工されたものです。そう、「歯磨き粉」というのは、略称であると同時にかつての呼称であり、以前は本当に粉だったようです。
幸い、上記の動画の視聴者さんがコメントを下さり、「クレンザーのようで、口の中がポワポワした」との事です。使用中に咳きこんでしまう事もありそうな感じですね。

さて、そんな本来の「歯磨き粉」の瓶ですが、これがとても魅力的なのです。デザイナーさんの美学がそこはかとなく感じられる安定感は、スクリュー付きの瓶でありながら飾っておきたくなる、何か豊かなたたずまいを醸し出すのです。

三色。左から濃い紫、濃い緑、緑。

色がまた情緒豊かです。遮光性を考慮しつつも、どこか高級感と安定感が漂っていますね。

今のところ三色です。まず・・・

濃い紫。ディープパープル。
濃いグリーン。
グリーンですね。

ひっくり返すと・・・

LIONと、大きくエンボスされています。

この瓶にも古いものがあり、これは私はまだ見つけていません。拾い人さんのブログ「拾うたんじゃけぇ!」のリンク先ページでは、茶入れのようなデザインの美しいその姿を見る事ができます。

また、これも私はまだ見つけていませんが、サンスターの同じような瓶が存在しているようです。それぞれ、いつかここで紹介できたらいいなと思います。

それにしても、ただの歯磨き粉の瓶にしては魅力の溢れる瓶ですね。

それでは、また次回!

古いガラスの記憶#1 「都じまん本舗」

分類はおそらく、佃煮瓶、海苔瓶、または海苔佃煮瓶(ややこしい!)かな?

この瓶は嵐のあとに拾ったもので、由来はビーチコーミングになるのかもしれない。詳細は今のところ分からないものの、重厚で良い瓶だなと思う。

正面より「都じまん本舗」縦の筋と重厚なグリーンが美しい。
背面か正面か?おそらくシールを貼っていたであろう部分は丸く筋がない。
上面より
底面はこんな感じ。エンボスは「M18」デザイナーの思想が何となく感じられる。