廃タイヤ調査の結果と、謎のレートフード

ウミガメもしばしば産卵する、そう遠くない海岸に、「Googleマップでも確認できる廃タイヤが沢山捨ててある」との話を聞き、では実際にどれくらいあるのか?と、調査する事にして、その経過と結果を折角だから動画にもしていたのです。

これは前編。

ちなみに、ひどい所はこんな風にタイヤが並んでます。

これらのほとんどはトラック用の大型タイヤなので、そりゃあ確かにGoogleマップにも写っちゃうよなぁと。

で、一応、二度に分けて綿密に海岸を歩いて調査した結果なのですが、

大型トラックの廃タイヤ 66本

普通の廃タイヤ 1本

廃タイヤ合計67本

という結果になりました。全行程は1.2キロ前後の海岸線ですから、これは大変な数になります。古い水路の簡易的な護岸に使われていたものはともかく、広い海岸に流出したものくらいは何とかしたいところですね。

行政に何度か話は行っているそうですが、処理のルートが複雑で面倒なタイヤは、行政とは非常に相性の悪い廃棄物の一つです。行政は廃タイヤの直接的な処分ルートを持っていないのですよね。

なので、タイヤ業者や自動車販売会社にでもあたりを取り、処分費用を見積もってもらってから、計画を立てる必要があると思います。

後編の動画はこちら。

・・・で、この日の調査の途中なんですが、どういうわけか「レートフード」の大瓶を拾いました。
大瓶が存在していたのもびっくりですが、それ以前に傷のほとんどないこれが落ちていたのが不思議でなりません。
今まで何度も歩いていた場所で、古いガラスが落ちていたことは無かったんですけれどねぇ・・・。

分かりづらいですが大瓶です。

経験上、こんな時は見落としているハケがあったりするもので、導入っぽいのです。近々、調査してみようと思います・・・が、
これ受け取ったらタイヤの処分しなくちゃならない流れなんじゃ?

ま、まあ、その時は何とか頑張るよ、うん。

では、また!

プレゼントとガラス洗い

今日はとても嬉しい事がありました!

先日、こちらのブログに載せた「Amazon欲しい物リスト」ですが、今日、さっそく視聴者さんからプレゼントが!

GoPro用のウインドスレイヤーです!

もうとても嬉しい!ありがとうございます!

動画の方でも取り上げさせていただきました。

・・・で、今日なんですが、やっと梅雨明けと思ったら、どうにも荒天の予感です。であれば、やっておくべきことは一つ。時間の限りたまりにたまったガラスを洗うべきなのだ。

でっかいクリーム瓶内部のの頑固な汚れもやっと落ちた。

そんなわけで、今日は動画を撮りつつひたすらガラスを洗っておりました。ハイドロハイター水槽も入れ替え出来そうでいい感じです。

見ているといつまでも時間を奪われる恐るべき洗い物の数々。

動画はこちらに。

この動画は長いので、前後編に分けてます。
残りの洗浄と、洗ったものについての説明は、後編で!

あと、重ね重ね、プレゼントありがとうございました!!

では、また!

やっと晴れた一日

いや、何というかやっと晴れて、天気予報からも雨マークが消えましたね。
折しもこの日は早朝から神社の清掃だったので、朝から頑張って来ました。
ついでに、どうにもハケてそうな場所も何箇所か。

あやしい・・・

その後、家に戻って何をすべきかちょっと考えたのだけれども、何と言っても除草だろう。前回除草してからほぼずっと雨で、雨でもしたたかに伸びる雑草は、すでに以前の除草作業を完全に無かったことにしかねない勢いで庭を覆いつくしている。ついでに、伸びすぎた何本かの植木も剪定した。
汗びっしょりになりながらそんな作業をしていると、近所の方から有難い野菜の差し入れが!ありがとうございます!
「これだけ降ってまた草刈りだと、やる気出すの大変だよね」との事。
うん、完全に同意。

どうにかこうにか自宅周りを終え、ついでに蜂の巣も撤去して、次に向かったのは畑だけれど・・・

そこには絶望が広がっていた・・・

何もしない間に草ボーボーである。いや~豊かな土壌ですね。
実際に歩いてみると思いのほか広い。だいたいどうやっていくかはイメージが決まったものの、雑草と面積にちょっとたじろぐ。
しかし・・・

歩くたびに足が良く沈む。とても良い土なのだとわかり、すぐに楽しみの方が上回ってきた。
ここは明日から手を付けよう・・・。

そして午後。

やはり水没するガレ場

かつてはここに古代文明が存在したんじゃよ

しかし、今回は流れができているので、天気予報さえ悪くなければこっちのものである。ホースでサイホンを仕込み、ついでに観光客の方と話してガレ場を後にした。

夕方からは、とあるビーチの廃タイヤの数量や大きさの把握をするべく、ビーチコーミングを兼ねた実態調査へ。

これは動画で。

久しぶりに海辺を歩けて幸せだったものの、一方で実際は大変な量の大型タイヤが放置されていて困惑してしまった。
経験を活かせば片付ける方法は見えてくるが、問題はその費用だ。さて・・・?
とりあえず、今回調査しようと思っていた距離の残りを調べてしまい、この区間の放置タイヤの全容を把握したら、何か手段を考えようと思う。

・・・と、久々の晴れでかなり飛ばした一日でした。

では、また!

やっと晴れた!

およそ十日間は雨戸閉めっぱなし、雨降りっぱなしで憂鬱もいい所でしたが、やっと晴れました。

でも秋の空のような?

しかし、何だか雨がすっかり大地を冷やしてしまったのか、トンボはたくさん飛んでいるし、空は霞たなびくし、どうも涼し気だ。まるで秋のようである。
いや、どうせ梅雨が明けたらとんでもなく暑くなるんだろうけれども。
で、

ガレ場は水没

真ん中に穴が開いてますねぇ。

分かっちゃいたけど見事に水没している。これをバッテリーポンプで全て汲むのは無理があるので、ポンプを使ってからすぐにサイホンに切り替え。

それでも、こんなに水圧がかかってる。一晩放置すればだいぶ良くなるかな?

帰りは引き潮だったのでビーチを良く見つつ歩いていると、

綺麗だねぇ

シー玉が落ちている。

正直、もう雨は要らないのでそろそろ梅雨が上がってくれないかなと思ってる。
やっぱりインドアは自分には向いてない。

予報は木曜日あたりからまた雨だけど、果たしてどうなるだろうね?

では、また!

林道と巨大キャベツとヤギ

週末である。
週末は天候に関わらず、大抵は林道を探索し、ついでにハケやガラスを探すことが多い。今日も天候は雨の合間の形にはなるものの、いつものように林道探索にくりだした。

こんなトンネルを超えて
ガス深い林道を走り
時には先人のプライベートな桜林を見つける。

主に林道と隧道、ダムを探索し、今日は何箇所か人道橋と小さな橋を渡った。ハケらしき場所や冬のガラス探索の候補地も増え、言う事なしである。
で、いつものように動画を撮影していて、最後に動画の締めで道の駅に到着したのだが、そこでとんでもないものを買ってしまった。

どーん!!

巨大キャベツ300円也。

札幌大球とかいう品種だろうか?
実は畑を始めるにあたって、植えたいなと思っていたおもしろ野菜(失礼!)の一つだったんだけど、こんなにでっかいとは思わなかった。確か、甘みの強い美味しい品種なんだけれど、ここまででかいのか!といった感じ。とりあえず、植える前に実物が見られたし、買って食べてみない手はないので、迷わず購入した。
購入したら、「入る袋が無いのでこれどうぞ!」と渡されたのがこのトマトの箱である。いやー、これ持って歩いてると視線が集中するね!
折角だから、動画撮りながらキャベツ尽くしのメニューでも作ろうかな。
コンソメ入りキャベツご飯にキャベツのスープにキャベツの漬物にキャベツの野菜炒め的な。あと、キャベツのサラダもか。
ヘルシーというか、「キャベツ食べないと死ぬという妄想に取り付かれているおじさん」みたいになりそうだけれども。

で、最後にまた別のガレ場の眠るビーチを見回ってきたのだが、波打ち際の岩場に小さなコップが落ちていた。

ちっちゃいな。

こういう、小さなガラスのコップ自体、今はそんなに使われていない。ちょっと古い時代かな?とよーく見てみると・・・。

左を向いたヤギのエンボス(見づらい)

変わったエンボスが底面に刻まれている。ヤギの横顔だ。これはあまり新しいものではないな?と、帰ってから色々と検索した。

結果、これは石塚硝子(現、アデリア)が戦前から昭和20年ごろまでに使用したマークとの事。可愛いレトロガラスのコップという事になる。
うん、今日もガラスに出会えて終わったね。

では、また!

畑作、始まる。

しばらく畑を探していたのですが、それを知った近所の人々が大家さんに伝えて下さったのか、大家さんからオファーがあり、タダ同然でなかなかの面積の畑を借りることとなりました。

わりと広い・・・!

折しも梅雨真っただ中ですが、梅雨の空けるころからぼちぼち何か野菜を作っていこうと思います。
とても楽しみですが、まずは何を植えるかと、肥料床などを作ったり畝を作ったりと、色々やる事がありそうです。

では、また!

マイPCの修理、完了!

昨年の暮れあたりからPCの不具合が続き、マザーボードを買ったりグラボを買ったりしていたんだけど、これらは全て見当はずれで、結局のところ問題はPC電源だったようだ。

フルタワー型の一番頼りになる相棒だ。名前つけて擬人化して可愛がってるのは内緒。

症状は、「マザーボードに00表示が出て起動しなくなる」というもの。マザーボードの故障を疑い、次にグラフィックボードの故障を疑い、最後にやっとPC電源の問題だと気付く、という、なんとも未熟な経緯をたどっている。
もともと、このPCは当初は「クーラーマスター V750 Semi-Modular Rs750」を積んでいたが、容量不足か初期不良か、一年未満で「 Silverstone SST-ST1000-G ATX 1000W 」に交換する事となった経緯がある。
これは急ぎだったこともあり、ある有名なPCショップに見立てと交換を丸投げしたのだが、個人的には少しだけモヤモヤしたものが残っていた。1000Wへのアップデートは良かったものの、個人的には電源スイッチのないPC電源はあまり好みではなかったからだ。

・・・で、それから約三年。不具合が発生し始め、紆余曲折を経てついに電源の交換に至った。当初はてっとり早く済ますために同じ電源がメルカリに安く出ていたので買う事にしたが、到着してみると何と中身が750Wの別の電源で、これは返品ののちキャンセル。
面白い事に、そんなタイミングで「SilverStone SST-ST1000-PT」がほぼ同じ価格で出品されている。中古品だが稼働時間は300時間程度との事で全く問題もない。というわけでポチった。

そのままでいい、と言ったので配送シール直貼り。豪快である。

ついでに、上部のケースファンも脆弱だからポチっておく。

これね!

面白い事に、電源を購入した夜からPCの調子は眼に見えて悪くなった。機械に関する運は良い方なので、今回も電源を買うまで無理していたのかもしれないな、と何となく思う。そして、電源が配送されてくる予定の朝、PCは全く起動せず、00表示がされるだけになってしまった。
「午前中、デスクワーク無理やなあ・・・」と思っていたら、「こんにちは~!」の声。電源が届いたのだ。これは交換しないわけにはいかない。

ゴールドの配線状況。

折角だからと動画撮りつつ、掃除しながら交換作業をしていく。ファンを交換し、スペーサーを付け直し、電源を外して配線し直して固定する。
配線ミスがないか何度も確認してコードをつなぎ、スイッチを入れてみると・・・!

ファンは常時点灯式っぽい。

無事に起動!

電源とケースファンの交換、無事完了!である。
なぜか起動もスピードが増し、パワフルさを感じる。立ち上がりも早いようだ。
何より、ここ半年ほど続いた「電源を落としたら次は起動しないんじゃないか?」という恐怖感から解放されるのはありがたい!
こうして、大事な相棒は無事にアップデートでき、作業環境はしばらく安定したものになった。

では、また。

トレジャーハンターは嵐の海へ

ガレ場のハケは大潮と雨でおそらく水没しているはずだけど、そんな日の夜中、午前三時に波浪警報が鳴り響いた。既に風の音はごうごうと雨戸の向こうから伝わってきている。天気予報は晴れだけれど、ディギングは無理だ。明日はビーチコーミングかな?
そんな事を考えつつ、眠りについた。

晴れたけどね・・・

そして翌朝。やっぱりガレ場のハケに行ってみると水没している。ポンプを設置しようにも、強風と波浪で波の花が咲くほどで、バッテリーにも波がかかりそうで断念。しかし、強力な南風は沖の様々なものを引き寄せてくれる。

「これはビーチコーミングかな?」

強風と波浪。しかし波も風も心地よい。

決めれば、あとは早い。早速今のうちにあちこち探索する事にした。
そして、幾つかの漂着スポットを回る事に。この日は四か所のビーチを訪れ、うち二か所で大変なものを手に入れた。
一か所目のビーチでは口の狭いタイプの薬瓶と陶器の茶碗
二か所目、三か所目は何も無し。
四か所目ではなんと日本製のガラスの浮き球と、謎の陶製瓶。そしてゴバンノアシやアカウミガメの死骸を確認する事になった。

このうち、まず陶器の正体が判明したのだけれど、これが意外なお宝だった。

底面の文字。これが決定的だった。

江戸後期、文化年間の古伊万里の蕎麦猪口だった。

200年以上前。大したものが無傷で拾えた形になる。

さらに、四か所目のビーチでは・・・

洗浄後のもの。

北海道小樽、川口硝子製の浮き球である。

以前礼文島の方とトレードした浮き球とよく似ていたが、それもそのはず。何と北海道は小樽の「川口硝子」の浮き球だ。日本製である。川口硝子の名義は、送っていただいた資料によると昭和14年(1939年)で終わっていることから、この浮き球は何と少なく見積もっても80年以上前のものだ。

風や潮などの条件がとても良かったのだろう。今まで拾った浮き球は韓国製の特徴的な歪みのあるもので、この地域では日本製などまず拾えないだろうと思っていたのだから。

他には、こんな謎の陶製瓶も。

あまり安物には見えない

この陶製の壺?瓶?に関しては、まだ何もわからない。果たして何なのだろうか?

さらに探索を続けると、80センチ近い体長のアカウミガメの漂着死体を見つけた。いわゆるストランディングである。
大潮で流されかねない場所だったので、周囲に相当深く杭を打って流されないようにし、その後、Twitterで詳しい方に聞いて、しかるべき機関に座標情報と共に連絡した。

以下、少し閲覧注意!

これで大丈夫だろう。

あとはひたすら長ーい道を歩く。既に日は傾きかけている。

急がないと日が暮れる。

こうして、ガレ場のハケは水没していたものの、ビーチコーミングとしてはおそらく二度とない、そして忘れられない探索の一日となった。

おそらく、波と風と潮が全て合致して、海岸に貴重な多くを打ち上げたのだろう。こんな日もあるんだね。

では、また!

雨と僥倖

三日ほどかけて「ガレ場のハケ」の水をくみ出したものの、やはり梅雨時なので再び雨。深夜からの激しい雨にはどうしようもないものの、幾つかの用事をこなしつつ、探索・・・とまでは言えないかもしれないが、あちこちを見聞してきた。

山はガスでけぶっている。

最初は不動産屋さんに用事があり、以前使用した契約書をアップデートした形になる処理を終えて、山間の未踏地へと向かった。

またもやダムである。

とあるフィルダムに寄り道し、雨脚が弱まったのと紫陽花の花がいい感じに咲いていたこともあり、カメラを回しつつあちこち探索してみる。
見頃に咲いた雨の中の紫陽花や、錦鯉、野鯉の群れ、大きなモクズガニが岸辺を移動していたり、なんとタイコウチがダムの放水路の躯体の上を歩いているのを見ることができた。
確か、小学校低学年の頃の春の田んぼで捕まえたのが最後だから、本当に何年ぶりの再会になるだろう?
どういうわけかコンクリートの上を歩いていたのはちょっと不思議な気もするが、激しい雨で水たまりと化していたので、わりかし自由なのかもしれない。・・・そういえば、ミズカマキリもずいぶん見ていないなぁ。
この辺りは動画にも撮ったので(ただしGoProだから拡大は出来なくて視認が難しいかもしれないけれど)いずれ編集してアップすると思う。

その後はとんでもない事故を目撃しつつ帰途に就き、とある市街地に差し掛かったところで、わりと日数に余裕のある閉店セールをしていたリサイクルショップが目に入った。
収納にはいつも困っているからなぁ・・・などと思いつつ、だいぶがらんとした店に入り、一通り見て回ると・・・これは!

めちゃくちゃお買い得なのでは!?

足りないガラスの棚板は、これは良くある店舗用什器の備品だから買い足せばいい。照明付きでガラスの棚で・・・そう!常々頭を悩ませているガラスのコレクションの収納とディスプレイ問題をかなりすっきりしてくれそうだ。
店員さんに頼んでスケールを借り、二種類の棚の寸法を暗記すると、どう考えても「買い」な値段とともに、頭に叩き込み、店を出る。
いやもう、たぶんこれ買うだろうけれど(笑)。

そして最後は、だいぶ日も落ちかけていたけど、我がガレ場のハケの様子見。ついでに、低気圧による高潮もあるから、何かないかと周囲を見回しに行ったが、

ガレ場のハケはまた完全に水没していた・・・

いやいいんだよ。ポンプ回せばいいだけだから。うん、決して悔しがってなんか無いぞ!徒労感なんか感じてないからな!

そんな事を考えつつ、足元の土の中にキラキラするものを拾うと、これは!

おそらくバスニッキの欠片だろう

ここ二日の間に、ニッキ水の「福田屋ねじり」の割れたものと、この「バス型ニッキ水」のかけら。
うん、天候が安定した後のディギングがとても楽しみだ。きっと引き寄せてくれる・・・はず!

そんなこんなの雨の一日でした。
なお、今日不動産屋さんに行った件は、おそらくコンテンツが増える何かに繋がっていくと思います。

では、また!

水没、だから洗おう

先日の四日連続の雨は当たり前のようにガレ場のハケを水没させてしまった。
バッテリーが空になるまでポンプアップして、三日はかかりそう。で、今日は二日目なのだが・・・。

水没していますねぇ・・・

うん、掘るのは無理である。

というわけで、動画を撮りつつせっせと浸け置きの瓶やその他を洗いまくったよ!

実は画像が存在しない瓶が一つ紛れてますよ~。
夕方なので茶瓶の表情がうまく映らない・・・

明日も間違いなくポンプアップしないとダメだし、間に合わないようならきっと明日もガラス洗いだね。でも、そうこうしている間に次の雨の気配が・・・。
とりあえず、今後はもう、掘りにならない日でも雨が降った後は必ず排水しないとまずい状態になりそう。気を付けて作業しても、一日てドロまみれになってしまう。
もっとも、掘っている私自身は、既に博物館クラスの瓶が出たりして、もうそんな状態になっても構わないで掘り続けるだろうけれども。

大きめの瓶、拡大。
小さなものを横から。

そして、瓶もこうして洗わないと次に進まない。せっかくだから洗って洗って・・・次はコレクションの棚を造らないとといけないかもしれない。
単純に木を切って組むだけでなく、アクリル板やガラス板を使用して、落下防止と映えるディスプレイの両立・・・なんて考えたら、もうきりがないのだけれど。
しかし、ガラスの映える家具は現状、特に存在していないので、一度きっちり詰めてみるのも悪くない気がする。

後は主なものを。

ガラスのランプ。磨くとウィル・スミスに似た魔神が、「良いディギングしてる?」と聞いてくる。
先日動画で説明した、茶筋の綺麗な瓶。当時はどんな受け止め方をされたかな?
四角いインク瓶。柔らかなアクア色だねぇ。
これは醤油さし。10か月かかって綺麗になった。

こうしてみると、やっぱり洗浄を進めていくのも大事だね。・・・と、家の周囲の洗浄待ちを眺める。

では、また!