古いガラスの記憶#18 美しいラムネ瓶

今回はこれ!最近心をがっちりキャッチして離さない、古いラムネの瓶。Instagramとは違う写真も混ぜてやっていきます。

美しい・・・

一度は「終わりかな?」と思ったガレ場のハケ、より深く深く掘り始めて二回目に出てきた大変なお宝。

こちらは裏面。

エンボス部分を拡大してみよう。

丸に十のエンボスの下は、「秋山製」
「安房北条」

正面のエンボスは屋号らしい印に、「安房北条」「秋山製」。Twitterのフォロワーさんの話では、館山市北条にこの名前の牛乳屋さんがあるとの事で、いずれ調べてみようと思う。エンボスがラムネを卸していた会社なのか、ガラスの会社なのか、はたまた両方なのか。

裏面のエンボス「非売品」売は昔の字体だね。

ここで、古いけれどもこのラムネ瓶から30~40年ほど後のラムネ瓶と比べてみよう。間に戦争を挟んでいた感じになる。

1950年代のものと思われる上段のラムネ瓶は、エンボス無し、濃い色、玉受けのくぼみが一対しかない、などの特徴の違いがある。

何より不思議に思うのは色。昔のラムネ瓶の色はいわゆるアクア色で、これがラムネ瓶の複雑な造形とエンボス、気泡と歪みの相乗効果で、このように光を浴びると大変な美しさになってしまう。どうしてラムネ瓶の色はこの色をやめてしまったんだろうか?
インスタグラムにも書いたけど、本当に「言う事なし!」の見事な瓶だ。

余談だけれど、実は古いラムネ瓶も探していたのに、上記の1950年代あたりのラムネ瓶を最後に、エンボスラムネ瓶や六角ラムネ瓶とも全く縁がなく、この瓶を掘り出した時はラムネ瓶なんて思いもしなかったので、「変わった瓶だな?」と思って引っこ抜いたらラムネ瓶で、とても驚いた。
しかし、実は抜いた時点では泥にまみれていたため、その時点でもそんなに期待していたわけではなかったんだよね。
ところが、洗い始めて泥を落としたら、瓶にエンボスの手触りがある!ここで、古くレアなラムネ瓶だと思い当たり、見てみたら色も綺麗。そして洗いあがって大興奮!という流れだった。
幾つかのタイプをすっ飛ばして、いきなりレアが飛び込んできた瞬間である。 

言う事なしの美しさ。家宝にしたいくらい。

余談だけど、このラムネ瓶を掘り出す前のディギングでは、やっぱり古いタイプの牛乳瓶も出てきている。機械栓の非常に古いタイプ。
ラムネ瓶も非売品で本来は返却しなくてはならないものだし、牛乳瓶もそう。
そんな物が残って出てきたのは、とても運が良かったとしか言いようがない。
締まった土と岩だらけになってきたガレ場のハケも、こういう物が出てくるので、頑張って掘った甲斐もあるというもの。あと数回で終わってしまう予定だけど、どんなお宝が残っているのか、とても楽しみになってくるね。


では、また!

探索で集められる話

Twitterでもしばしばつぶやいている事なんだけど、自分は本当におかしな場所で誰かと出会うんだよねぇ。しかもそれは、なぜか自分にとって貴重な情報ソースとなる話ばかり。
ガラスを探すようになってから、「何でここにこれが?」と思うようなガラスとの出会いが続き、それから、「この世は仮想現実かもしれない」としばしば夢想するんだけれど、ガラスのみならず人でもそう思う事がしばしばある。
ほぼ廃道となった林道の奥だったり、ほぼ日の落ちた海辺だったり、「何でここで?」と思うような場所やタイミングで本当に様々な人と出会い、面白い話が聞けたりする。

まるで、ゲームで何かのクエストを始めたら、そこにその会話をする人がポンと配置されたかのように、ね。
しかし、それでずいぶん貴重な話が聞けたのも事実で、地域の歴史、しきたり、禁忌、過去の話などなど、昔から話を集めている自分にとっては興味深い物ばかり。
探索する事は、ネットだけでは決して得られない生きた情報ソースを持つ人々と出会える意味もあり、とても大きいのかもしれない。

田舎にいた頃及び、現在の探索で集めた話のうち、公開しても問題無さそうなものは、いずれ動画やここでアップしていこうかな?と、ぼんやり考えていたりします。ジャンル的には「夜話」にでもなるんでしょうか?

では、また!

No tags for this post.

古いガラスの記憶#17 トケイチウチウニッキ

それはおやつの時間、三時を指している。場所のせいかほんのり銀化しているね。

正面
裏面
側面は梨地仕上げになっている。

思えばガレ場を初めて掘った日は大変な引きで、この「トケイチウチウニッキ」と当たり矢の金平糖入れが同時に出たというすごい日だった。

平成ボトル倶楽部さんのブログにチラッと出ているほかは、あとはもう一人の方のブログに出てくるくらいの少ないニッキ水らしい。掘り出した時はその多いエンボスと独特な形にとても驚いたものである。
おそらく懐中時計を意識したであろうこのデザインは、おやつの時間に針が停まっており、数字も12,3,6,9はちゃんと刻まれていて、とても凝った造りになっている。

エンボスをクローズアップしてみよう。

「トケイチウチウニッキ」数字は上から時計回りに「12.3.6.9」
「イショートーロク」
「ミトヤ」

掘り出した人も少なく、多くのニッキ水のデザインと異なる、この円形で横広がりでエンボスの多い瓶は、おそらくは希少な部類のニッキ水と思って間違いなさそうで、当時このニッキ水を買ってもらった子は、きっとそれこそ懐中時計のように、大事にしたんじゃないかと思うのだ。
ボトルディガーとしても、次にいつ見つけられるかもわからないほどの物なので、ありがたく眺め続けていたいものだなぁと思う。

では、また!

古いガラスの記憶#16 フランスの薬瓶

6月の記事、「ガレ場はまだまだ終わらない」にて出てきたこの瓶が、今回の主役。

これね

フランスから海を渡ってきた、約100年前の瓶

重さもセンスも日本と違う!

さてこの瓶、「ガレ場のハケ」の資料的価値がとても高い瓶の一つなのは間違いないと思われます。色々調べた結果、100年ほど前のフランスから、日本に渡ってきた、何らかの薬瓶らしいからです。

特徴としては、どこか日本の瓶と異なるデザインと、ガラスが分厚くて重い事が挙げられるかと思います。同じ大きさと形の日本製の瓶があったとして、これは2.5倍から3倍ほど重く感じられます。この瓶に最初に感じた違和感の一つですね。

で、エンボスは全てアルファベットです。これを翻訳しようとしたらGoogle翻訳先生が「お前それたぶんフランス語やで?」と言って来たので、フランス語で訳してみたわけです。

RABORATOIRES
A.LUMIERE

RABORATOIRES (研究所)

A.LUMIERE (A.ルミエーレ)

つまり、「A.ルミエーレ研究所」とエンボスされている事になります。

底面には「45」のエンボス。45㏄かな?

以前の記事にも書きましたが、このエンボスの文章をそのままコピペして検索すると、フランスの古書がヒットします。
1927年にフランスはリヨンで発行された、「オーギュスト・ルミエーレ研究所年鑑・実験的生理学と薬力学について」 という、研究所の年鑑ですね。
つまり、 「A.ルミエーレ研究所」 のAはオーギュスト(Auguste)でほぼ間違いないでしょう。
これで、ほぼこの瓶はフランス製だな、と確信を持つに至ったわけです。

余談ですが、 オーギュスト(Auguste) はフランスにはわりと多い名前です。「考える人」の彫刻で有名なロダンは、オーギュスト・ロダンです。「尊厳」を意味する言葉であり、フランスだと、尊厳王(オーギュスト)と呼ばれたフィリップ二世が有名ですね。
他には、8月の英語読みオーガスト(August)の語源となったローマ初代皇帝アウグストゥス(尊厳者)が一番連想しやすいでしょうか。割と古い言葉ですね。
ちなみに、 ルミエーレ (LUMIERE)は、「光」を意味する単語です。
薬の研究者としてはなかなか良い名前ですね。
調べる価値のある、とても良い瓶です。

海を渡り、100年ほど眠ってから浴びる太陽はどうだい?

それにしてもさすがはオシャレの国、フランスです。この瓶は私の机前の、「特にお気に入り」ゾーンに既に仲間入りしています。他の瓶と並べていると特に映える良さがこの瓶にはあります。いずれはそんなたたずまいも紹介しようと思います。

では、また!

世界の解像度の話

梅雨の晴れ間にやっと身体を動かせたものの、身体は目覚めて妙に元気。かと言って、動画を編集したり、小説を書くほどの脳のリソースは無いんだよねぇ。
かと言って眠れないし。
というわけで、たまには自分が考えている事でも書き出しておこうかなと。
昨年の大みそかから今年の元旦にかけて、それから一か月くらい民俗学的なツイートがバズったりしたけど、あのツイートがあんなにバズるとは思ってなかった。

このツイート、民俗学的にはあくまでも解釈の一端や、何かに興味を持つきっかけ、何より、年末年始の長旅の時に少し気がまぎれるかな?と思ってツイートしたんだけど、思わぬ反響を呼んでしまった。

ただ、民俗学的な事にとどまらず、世界の解像度を上げていくと、様々な物が「そこにある意味」が存在している事に気付き、ただの散歩さえとても有意義な時間になっていく。これはとても重要な事で、これが多分知識の正しい使い方で、豊かって事になるんじゃないかなって思ってる。
さらに、自然を相手にしてしまうともう奥深くて止まらない。
ただの砂浜でも、潮の流れのせいで特定の場所にだけ変わったものが打ちあがるとか、同じ潮でも気圧で潮位が変わったり、そんな気圧の強さを体感して、「体調が変わるのも無理ないよなぁ」と考えるようになったり(余談だけど悪天候時と好天時の人の体表にかかる気圧は数百キロの差があり、影響はやはり馬鹿にならないと思われる)。

何の興味も持たなければ、世界はゲームの画面と同じテクスチャのように味気ないけれど、自分で知識と興味を持って注意深く見ると、驚くほどたくさんの情報で世界は出来ており、そんな世界が自分の目の前に広がっている、という事実は、現代社会でありがちな「悪い意味で自分に疑問を持つ」という陥りがちなネガティブ思考を打ち消してくれるようになる。
多分それが、知識の本来の使い方「人を自由にする」の一端なんじゃないかと思う。なんてね!

では、また!



やっと晴れた!

およそ十日間は雨戸閉めっぱなし、雨降りっぱなしで憂鬱もいい所でしたが、やっと晴れました。

でも秋の空のような?

しかし、何だか雨がすっかり大地を冷やしてしまったのか、トンボはたくさん飛んでいるし、空は霞たなびくし、どうも涼し気だ。まるで秋のようである。
いや、どうせ梅雨が明けたらとんでもなく暑くなるんだろうけれども。
で、

ガレ場は水没

真ん中に穴が開いてますねぇ。

分かっちゃいたけど見事に水没している。これをバッテリーポンプで全て汲むのは無理があるので、ポンプを使ってからすぐにサイホンに切り替え。

それでも、こんなに水圧がかかってる。一晩放置すればだいぶ良くなるかな?

帰りは引き潮だったのでビーチを良く見つつ歩いていると、

綺麗だねぇ

シー玉が落ちている。

正直、もう雨は要らないのでそろそろ梅雨が上がってくれないかなと思ってる。
やっぱりインドアは自分には向いてない。

予報は木曜日あたりからまた雨だけど、果たしてどうなるだろうね?

では、また!

もともと動画にしようとしていた事

今回はこれについて。
いや、実はね・・・そんなにYouTube意識していたわけではなくて、たまたま「ガレ場のボトルディギング」が予想外にバズっただけなのよ。
そりゃあね、「このジャンルもう少し知られているべきだろう?」とは思っていたけれど、正直あそこまで伸びるとは思わなかったねぇ。

では、当初はYouTubeに何をアップしようと考えていたかと言うと、ボトルディギングはもちろんとして、釣りや投網や狩猟や畑作や、あとは建築工事。
もう、建築や建設は仕事としてはやりたくないけれど、自分で楽しんでやるなら別。現在もぽつりぽつりとデザインは請けているけれど、それもマイペース。

楽しくない事はしない。

古い家を買い取ってじわじわと素敵な家にしていくのは楽しいと思うからね。
あとは山を歩いてイノシシやシカを狩る。山を歩けばハケも探しやすいし一石二鳥かな?なんて考えてました。

この他にはクラフトをしようと考えていて、昔やっていたナイフづくりをまた始めたり、古代ギリシャの指輪を現代のシルバーで作り直したりしようかな?みたいなね。

海の方は、漁業権の問題があってまだ少し時間はかかるものの、いずれは船を出して釣りをしたり、潜ったり、なんて動画を出そうと考えていたし、多分そうするつもり。

プライマルというのは、たびたび言っているけど「原始的」ということ。実はどれほど文明が進もうが、我々人間は動物だし、「原始的な感動」を抜きにしては喜びを得られないようになっている。
ゲームで感じられる快感もほとんど原始的なものばかりだしね。

で、これを実際に色濃く味わえる動画の配信はしたいなぁというのがあって、これが当初動画でやろうとしていた数々。
原始的な感動は人をとても元気にするからね。

いずれにせよ、ボトルディギングで予想外に勢いがついたものの、これらはいずれ全てやっていくので、かなり濃いチャンネルになっていくのは間違いないんだけれどね。

では、また!

一万人突破で考えている事と、今後について

前回、お陰様でYouTubeのチャンネル登録者数が予想外のペースで伸び、一万人を突破した事で、節目や記念を兼ねてやろうかなと思っている事について。

1.プレゼント企画

調整がもう少し必要ですが、準備整い次第、3~5種類くらいのプレゼントをやっていこうかなと。匿名で配送できる仕組みを調べて、ですね。
ただ、初期の何でもかんでも持ち帰っていた頃の在庫も何とかしなきゃなので、この辺りはいずれ動画で説明しつつやっていこうとも考えています。
欲しい人、探している人のもとに行くのが一番ですもんね。
とりあえず大事な事として、一万人突破記念でプレゼントはやりますよ!って事です。

2.質問コーナーを設置

こちらは半分、対応いたしました。Twitterの方に質問箱を設置しました。少し前まではこの質問箱、Twitterアカウントと連動式でしたが、最近はTwitterアカウント無しでも設置・使用可能との事なので、色々と質問して欲しいものです。
質問がある程度溜まったら、動画の方でも答えたりしていきたいと思っています。

3.その他の浮かび上がった企画的な

1.陶製おろし金とわさび

動画中の何気ない疑問がきっかけでしたが、要は戦時中の陶製おろし金と現在のおろし金で天然わさびをすりおろし、わさびご飯にして食べ比べてみるという、なかなか面白い企画です。
せっかく状態の良いおろし金が出てきたのですから、実際にどんな感じなのか、やってみない手は有りません。
ということで、これはいずれやってみて動画でアップすると思います。

2.怖い話その他

これは質問箱から。「探索していて怖い思いをしたことはありませんか?」という質問がきっかけ。幸い、現在の探索地は「明るい」地であり、私の故郷のような「忌み地」はほとんどない。だから探索していても気分の良い場所が多いのだけれど、田舎にいた頃の怖い話などは需要がありそうとの事。
もともと、田舎で集めた興味深い話や体験した話などは「夜話集」として何かにまとめようと思っていたけれど、案外動画にしてしまうのが一番伝わりやすくていいのかもしれない。ちょうど夏も目前だし、なおさらね。

・・・と、こんな感じで、視聴者の方々と情報交換できるお陰で、「してみたい事・してみた方が良い事」が明確になっていくのは嬉しい。
これらは順次形にしていこうと思っています。
次回は「当初YouTubeでやろうと考えていた事」についてちょっと書くつもりです。


では、また!


ありがとう!一万人突破!

去る、6月30日の事ですが・・・

チャンネル登録者10000人突破しました!

ありがとうございます!

実はこれ、他にもすごい要素があって、収益審査が終わったのが6月の2日なんですよね。つまり、1000人突破して収益化した月に10000人を達成した!ということになります。
もうね、びっくりです。まさかこんなに反響があるとは思いませんでした。

ところで、何で動画に?

さてと、ここで私のYouTubeにディギングの動画を上げた理由を述べておきたいと思いますが、まず、ボトルディギング及び古いガラスの認知度が低すぎるのを何とかしたかった。
というのがあります。現状、古いガラスは「ただの昔のゴミ」として捨てられているだけです。海辺の公園や道路の整備であろうが都会の古い家の解体場所だろうが、「ちょっと珍しい、無価値なゴミ」として捨てられている現状です。
これが、「いや、価値があるみたいだぜ?」となって、少しでも廃棄されずに出回って欲しい、という気持ちがあります。
幸い、「高そうなガラスを狙って掘り出し、売る」なんて事はまず難しくて無理な事で、評判を下げる行動を取る人々より、認識が増すメリットの方がだいぶ大きいかな?と考えたのです。

次に、「昔のガラスの美しさを知って欲しい」という理由があります。かつて疲れ果てて限界になるまで働いた私を癒してくれたのは、物言わぬ美しい昔のガラスです。これらが知られずにゴミ扱いされてどんどん減っていくのは悲しいですからね。

で、最後に「掘り出す動画を自分が見たかったけど、ほとんど無かったから自分が撮った」という理由になります。
だって見たいじゃないですか?どう埋まっていて、どんな感じで掘り出して、洗ってみてどうなるのか。
特に、ガラスを探索し始めて最初の頃は、「あんなもの本当にあるのか?」と思っていたくらいです。自分で探す経験値を蓄積する意味でも、動画にして出すのは意味があるかなと思ったわけです。

で、思ったより反響があって今に至ります。

ここから先なのですが、一万人を突破したので、感謝と記念を込めて何かしようと考えています。
次回はそれについて書こうと思います。

では、また!

ディギングの始まり

 こんばんは!YouTubeのチャンネルの登録者数があっという間に一万人を超えてしまいました。で、しばしば、

ボトルディギング始めたきっかけは何ですか?

 といった質問があったので、こちらでも答えておこうかなと。
もともと私は海が大好きな人間で、海に行ってれば満足な人間でした。東北の冷たい海で、6月~9月まで泳ぎ続けているような人間だった、と言えば、わかる人には伝わるでしょう。だってものすごく水が冷たいからね。
よく泳いでいたビーチで魚を獲ったり、時間があればしょっちゅう釣りに行ってました。
 しかしその後、色々あって故郷を身一つで離れることになります。で、紆余曲折あって上京して・・・まー色々な事がありましたが、とにかく分かった事は「海から離れると自分はダメになる」という事です。
 で、釣りもしばしば行ってはいたものの、ビーチコーミングで珍しいものを探しつつ、ずっと海辺を歩いていたいなぁ・・・という願望が強くなっていきました。
しかし、なかなか実行するのは大変なものです。少なくとも心を癒そうとビーチコーミングについてネットで色々と調べていたら、「どうにも昔のガラスを拾っている人がいる!なんだこのガラス綺麗だな!」となる事がありました。

「このガラスなんだろう?」と昔のガラスを調べる。→ボトルディギングという言葉を知る。

といった経緯をたどっています。

で、運良く都会を離れて海辺に引っ越せた私は、当時働き過ぎで心身に負ったダメージを癒すべく、ひたすら海辺を歩き続けました。古いガラスも探していましたが、手掛かりも何もなく、全く見つけられず、「あんなもの実在しているのか?」という状態だったと思います。
しかし、ある時・・・

気泡の点在するラムネ瓶。

砂に半分埋もれた、こんなラムネ瓶を掘り出します。気泡も点在し、そう新しいものではないようです。
「そういえば、昨夜は荒れた天気だったなあ・・・」
そしてさらに周囲を探すと・・・

ヨウモトニック!

こんな物がポツンと落ちていたのでした。

この日はこんなもので引き上げ、また海が荒れた数日後。

んっ?

小さい瓶が・・・

漂着したゴミに混じって、何か小さな瓶があります。

「黒蝴蝶」の小瓶だ!

最初のエンボス入りの古いガラス瓶は、漂着した黒蝴蝶の小瓶だった。この辺りから、「何かガラスに近づいて行ってるな?」と感じたんだよね。
この後から、偶然の連続で古いガラスやハケを見つけるようになっていく。
最初の探索の日々は、まるでガラスに熱意を試されているような気がしたけれど、それをクリアすると、むしろどこに行ってもガラスが見つかるようになってくる。それで今に至っています。

案外、古くなったガラスには本当に付喪神がついていて、心からガラスが好きな人を試しているのかもしれないなぁと感じてしまった。実際、ガラスが心から好きな人のところには良くガラスが見つかったり、縁があったりするしね。

そんなこんなが、私のガラスとの出会いと、ボトルディギングの始まりです。

では、また!