古いガラスの記憶#6 ロイドインキ瓶

古ガラスやボトルディギングの中でも、とりわけ幅広く魅力のあるカテゴリーと思われるインキ瓶。この「古いガラスの記憶」でのインキ瓶第一回は、「ロイドインキ瓶」とすることにしました。

側面?より。
正面より。

ロイドインキは検索したところ、色合いがやや多様で、このように濃い物から、とても薄いものまでさまざま存在しているようです。透明のもの、サイズ違いのもの(これより小さい)もあるようです。いずれ手に入れたいものですね。

上面より。オシャレなエンボスの柄と気泡、濃い色が表情豊か。
底面エンボスを横から。

底面には英語表記の「LLOYD INK」、日本語表記の「ロイドインキ」とバイリンガルに表記されています。情報も少ないんですよね。

底面を上から、気泡が良く分かる。

このロイドインキ、会社含めて年代が良く分かりません。戦前、戦中にはかかっているようですが、現在調べて分かっているのは、シールの下に「鈴木インキ」と表記されているものと「ロイドインキ」と表記されていたものがあったようです。で、鈴木インキには普通の丸いインク瓶もあり、製造元は「東京市 神田区」とあるのです。東京市が都に変わったのは1943年の事ですから、それ以前になりますね。一方で、インク消しなども販売していた「ロイド産業株式会社」はかつて長野に工場があったらしいのですが、現在は消滅しており、情報も全くありません。

化石のように残されたのは、この特徴的なデザインのものを含む幾つかのインク瓶です。記録に欠かせないインクの瓶を扱う会社の情報がほとんど残っていない、というのはなかなか皮肉な話で、一日に何度か視界に入るこのインキ瓶は「まあいいじゃないか、そんな昔の事はもう忘れたよ」と、まるで多くを語らないながらも微笑する中年の男性のような、そんな雰囲気を漂わせつつ沈黙している瓶なのです。

古いガラスの記憶#5 ライターオイル瓶?

詳細はまだ判明していないのですが、現状では「ライターオイル瓶かな?」と思っている瓶についてです。
まず、画像の表示サイズの仕様(最初の画像が小さくなるっぽい)のため、底面から。

横に伸ばした六角形。エッジの立つデザインが、技術的な問題で柔らかさを内包したものになっている。

で、正面。

ガラスの歪みがそのまま残っています。

裏面(いや表裏はわからないけどね)

歪みが顕著なのはこちら側ですね。

滑り止めを考えたデザインなのか、両サイドに細い線が規則正しくエンボスされています。そして口の形から、「持って振るタイプの化粧品」かな?とも思ったのですが、口の形と、手に平にすっぽりと収まるサイズ、男性的なデザインから、ライターオイル瓶じゃないかな?と考えているわけです。

真相が分かれば追記していきますが、これもなかなか魅力のある小瓶です。

セッション?大ペロと珍しい物の日

土日はどちらかと言うとディギングしない事の多い自分だけれど、今日は様々な都合が噛み合い、午後からディギングする運びとなった。
現在、我が「ガレ場のハケ」は、土木工事的な段取りが必要な状態で、おそらくゆるい傾斜を描いていると思われる「ハケの最底辺」を現わすには、水も土ももう少し取り除きやすくする必要があったためだ。

で、そんなこんなでせっせと掘り続けていると、「めぇちの宝探し」さんが現れ、挨拶するとともにそれぞれのエリアで黙々と掘り続けることになった。
実は、すでに先週、めぇちさんとは現地でお会いしている。

しばらく私もじわじわと色々なものを掘り続けていたら、どうもめぇちさんサイドがにぎやかだ。どうしたんだろう?と思って声をかけてみたら、すごいものが出ていた。

大ペロ完品やんけ!!ぶったまげた!!

実はこのガレ場のハケ回り、先達の言う『ニッキ、ペロペロ、金平糖』のうち、ペロペロだけは出ていなくて、「そろそろ出るんじゃないですかねー?」なんて、前日にTwitterで話していたばかりだったのだ。そして出た。先達の経験則は素晴らしい。

さてと、私の方はと言うと、「あやかりますように!」と念じつつ地味~でスパルタンな土木作業を繰り返していたら、ほぼ表層からポロっとこれが出てきた。

いささか珍しい仕様のラムネ型ニッキ水である。土が付着していた時は六角ニッキかと思っていたら、どうも違った。

こちらの三面は縦スリット
こちらは菱クロスまたは網クロスかな?

やっぱりニッキ水が出てくる。しかし、このブログを書く少し前、Instagramで平成ボトルクラブのBOW会長に「呪いではなくビン神様の降臨でっす」と言われ、何やら色々と腑に落ちてきた。このニッキ水もまた、ラムネニッキの中ではとても珍しいデザインで、またもやレアなニッキ水瓶が増えた。

びん神様いつもありがとう!

そんなこんなで、今日の成果を。

結果的に、とても変わったものばかりが出てきた。現時点で分かったものについて。書くと、まずマツ染料。違和感があり、既に持っているものと比べたら・・・

左は持っていたもの。右は今日掘りだしたもの。

なんと、今日掘り出した「マツ染料」は、少し小さい瓶で、調べたら画像の少ない貴重なものだった。これは嬉しい。

さらにこれ・・・

この、見慣れない筆記体と名前のビール瓶について調べたところ、 神奈川県横浜市鶴見区にあった 「オラガビール工場」に関係があるらしい。

日英醸造会社が1920(大正9)年に建設。カスケードビールというビールを造っていたが、1927(昭和3)年に寿屋(現サントリー)が買収

との事。つまり、1920~1927くらいの短期間にしか出回っていなかった可能性があるし、名前も筆記体のエンボスも、どこか日本らしさが感じられない。何より、このビール瓶の画像が全く出てこないのだ。約百年ほど前の貴重なビール瓶を手に入れられたのかもしれない。

そんなこんなで、めぇちさんとの初セッション?ディギングは、実に眼福かつ珍しいものを手にして終わった。連日のディギングで疲労は溜まっているが、こんな事があると元気も出てくるというものだ。今日の一日も全て動画にしているので、いずれ公開する日が来ると思うし、珍しい幾つかの瓶についても、いずれここで詳しく掲載していく予定で、そんな楽しみもまた増えた。良い休日でディギングだったと言えるだろう。

おまけ

夕食はトビウオ。美味しゅうございました。

では、また!

ボトルディギングの用語集

ボトルディギング界隈でよく出てくる言葉を私なりに説明します。今後も追加したり、加筆・修正する可能性があります。

ハケ

ガラスが埋まっているとされる場所。多くは、昔のゴミ捨て場。かつての日本ではガラス、陶器系のゴミの処理は各家庭に放任されていたために、どこかに捨てて隠すような処理をしていた。それから長い年月が流れ、魅力を再発見された古いガラスを探すボトルディガーにとっては、ハケは宝の埋められた場所と同義である。これを見つけるのがボトルディギングと言ってもいい。
ちなみに英語ではBottle Dump(ボトルダンプ)。 Dumpとは「ぶちまける、うち捨てる、放りっぱなし」などの意味があり、瓶捨て場とでも訳せばいいだろうか。

気泡

ガラス精製時に交じった不純物から発生したガスが、ガラス内に固定されたもの。星によく例えられるし、雨に例えられることもある。かつての技術の低さを象徴するものが、現在では古いガラスの魅力を語る上で欠かせないものになっている。実際、なぜかとても豊かな表情をガラスに加えてくれる、古いガラスの魅力の重要な因子の一つ。

茶筋、マーブル、筋

ガラスを精製する際に混ぜられた別のガラスカレット(ガラスのかけら、材料)の色が抜けきれずに現れたもの。大理石の表情に似ている事からマーブルと言う人もいる。茶色であることが多いから茶筋か?実際には様々な色があるらしく、私はそんな時は「筋」と呼んだりしている。

ボトルディギング時において、ガラスが集中して埋まっている(ように感じられる)層の事。「良い棚に当たった」「この棚には目薬が無い」「この棚はニッキ水だけだ」などと用いる。

導入

ハケを探している場合は、ハケの存在を示唆するような、古いガラスが落ちている状態を指す。パピリオが落ちているとか、ニッキ水のかけらが落ちている、機械栓の口が落ちているなどは、分かりやすい導入と言える。

ディギング中の場合は、何も無かった土中にガラス片や陶器片が多くなってくると、棚が近い事を示す場合が多く、掘る方向の目安になる。「導入を見つけて追うと良いですよ!」

エンボス

文字や絵などが浮き出されるような加工の事。陽刻。接着剤や印刷の技術が現代ほど発達していなかった昔は、瓶の内容物の情報の表示や装飾に、エンボスが最も冗長性が高いと判断されて用いられたと思われる。旧字体や独特の絵柄、現在では使われない言葉などが、当時のガラスの製作技術と相まって、何とも言えない古い瓶の魅力の一を醸し出している。逆の場合はデボスとの事。

チル

金型の型肌が焼け馴染む前に冷えて残ったもの。鎚目のように美しく、光を乱反射する。古いガラスの表情ではかなり少ないもの。例えば同じ糊瓶でも表情が全く異なる。見つけたら大事にするといいかも。

おまけ。

まるで水のような質感を持つ、チルあり糊瓶。

古いガラスの記憶#4 雨の水飴瓶

掘り出し時に「こんな大きいものが完品で埋まっているわけがない」という、未熟な頃の固定観念で口を傷つけてしまったこの大瓶、どうやらかつての水飴の瓶だったようです。

気泡がすごい。時間の止まった大雨のようだ。

雨のような気泡の降り注ぐこの大瓶は、ふと眺めれば真夏の暑い日さえ、心に一瞬の驟雨(しゅうう=にわか雨)を呼び起こし、どこか心を涼やかに落ち着いたものにしてくれます。

正面より。雨が降り注いでいる。
斜めより。気泡の多いこの時代にもかかわらず、足の部分も空洞になっている繊細な造りをしている。

基本的に、完品でなければ飾らない考えの私は、それでも何か強く惹きつけられる魅力をこの瓶に感じており、気がつけば「保留のものを置いておくテーブル」にずっと安置したままになっているのでした。
そして、しばしば手に取って眺めたり、青空に透かして気泡の雨を想像したりと、ついついしてしまう。そんな魅力的な瓶なのです。

古いガラスの記憶#3「正チャン」ニッキ水瓶

三回目となった、古いガラスの記憶ですが、今回は「正チャン」ニッキ水瓶についてです。「正チャン」とは、1924年(!)から1926年(「正チャンのその後」含む)にかけて、朝日新聞または朝日グラフで連載された、リスを相棒に冒険する、当時の国民的漫画/絵本(中間的作品の為、/使用)のキャラクターであり、愛用のボンボンのついた帽子は「正チャン帽」と呼ばれ、子供たちの間で大流行した。

との事。つまり、国民的な漫画のキャラクターだったわけです。で、漫画で人気なら子供のおやつにもモチーフにされるわけで、誕生したのがこの「正チャン」ニッキ水瓶というわけです。

正面より
背面。「正チャン」のエンボスがバン!と浮かび上がっている。
帽子のボンボン部分は飲み口になっていて再現不可な仕様。
ちょっと銀化していますね。

さてこの正チャンですが、冒険好きのせいか、大抵大怪我しておられるわけです。いったい何と戦っていたのかは分かりませんが、五体満足な正チャンは非常に珍しく、怪我した正チャンが出て来てはディガーを一喜一憂させる、そんな希少品なのです。
私もかつて海辺で、何と戦ったのか頭部を失ったアクアブルーの正チャン瓶を手にし、引き寄せに期待して約一年、この度やっとそれが叶ったわけです。

左は以前の怪我した正チャン。ガラスの色から違うが、形は寸分たがわない。
左はガラス本来の色にしては青が強い気もしますね。

珍しいニッキ水瓶とされるものは幾つかありますが、この「正チャン」ニッキ水瓶は、その中でもかなり希少な方ではありましょう。

しかも実はこの「正チャン」、さらにレアな仲間がいます。「ノンキナトウサン」と、「マエノタイショウ」といいます。果たして、仲間が全てそろう日は来るでしょうか?

とりあえず、頭部を失った正チャンが、ついに完全体を引き寄せてくれたので、今回は「正チャン」ニッキ水の回としました。

実は今回の「古い瓶の記憶」は、「古ガラス欲張りセット」とも言うべき希少な特徴のある瓶にしようと思っていましたが、前回の記事の絡みもあり、急遽こちらにしました。この瓶の予備知識を持っていてもらえると、発掘回の動画の雰囲気が伝わりやすいかと思い、こちらにしたのでした。

それでは、また!

合同ディギング!

今日は本当にタイミングが噛み合い、何人かのビーチコーマー、ボトルディガーさんたちと合同ディギングする運びとなりました。
さて、その作戦会議の場となったのは・・・

館山市の「メラーノカフェ」さん!

看板が写ってないって?ごめん、オブジェに目が行っちゃったんだよ。

しばしばこの近くを通るし、名前も有名ではあったものの、今までなぜか行くタイミングを失していたんだ。しかし、ひとたびドアをくぐると・・・

さらに、

ガラス!!

なんてこったジョニー、「メラーノ・カフェ」は噂以上だぜ・・・。

そこに来たのはガラス好きな私と、手にあるのはこれ。

「正チャン」!!なお説明は前後して次回以降になる模様。

というわけで、何も起きないはずはなく、マスターさんの「これはすごいよ!」という言葉や、奥さんがテンション高く写真を撮ったりと、なかなか楽しい時間になってしまった。

こうして、この地域を訪れる沢山のビーチコーマーやボトルディガーを尻目に、一人で海や山を彷徨っていた私も、ついにこの店に激レアガラスを持って訪れる事になったのである。さりげなく訪れてさりげなく出るはずだったんだけどな(笑)。

しばし、ガラスの話やちょっとした歴史、野生動物の話などをして楽しく過ごしたのち、その時は始まった。

合同ボトルディギングである。

画像は流石に割愛するけど、現在私が掘っている「ガレ場のハケ」は、今までのボトルディギングのハケの概念からは大きく外れている。だから長年スルーされてきたのだが、もう一つ特徴がある。「ガレ場」と言うだけあって非常に掘りづらいのだ。メンバーには女性の方もいるので、その辺が気になっていた・・・が、

杞憂だった

ああなんというガラスの魅力。みんな一生懸命掘っていて、海外の屈強なボトルディガーも乾いた笑いを浮かべるしかない掘りっぷりだった。結局、皆さんほとんど休まずに、3時間以上掘っていた。
最後は雨が激しく降ってきて、追われるように撤収になったが、皆さんぽつりぽつりとガラスを掘り出していたし、何とこんなものを掘り出した方もいた。

もしかしたら明治時代に食い込むインク瓶である。

眼福!ハケの年代もより古くシフトして言う事なし。みんな感心して今日の合同ディギングを終えることができた・・・と思う。

ちなみに私は、掘り返した箇所の土を移動しつつ、基本的には皆さんのサポートをできる限りしていた。

画像では分かりづらいが腰より深く掘っている。海外のディガーにも負けないぜ!

それでも不思議なもので、たまーにガラス栓やら瓶が出てくる。そして、残った土をよけていたらポロッと。

ニッキ水、またお前か・・・。

なんとこのタイプのチビニッキ水が出てきた。十分すぎる成果である。こうして、今日の合同ディギングはなかなかの成果を出して終わった。参加した皆さんも楽しんでいただけたようで何よりである。どうせ一人で瓶なんて掘り切れないのだから、楽しみが共有できるという意味でも、たまにはこんなのもいいね。

あと、お土産下さった方、ありがとうございました!

・・・おまけ。

良いチビニッキ水である。

では、また!

大瓶祭り ガレ場のハケ#7

順番がバラバラなのは画像の関係ではありますが、まず、本日アップした動画。

この日掘りだした物を全体アップするとこんな感じですね。

上列の大きな瓶の並びは、「よくぞ今まで割れずに・・・」としか。感動だ。

ディギングは何というか、「その日の傾向」みたいなものがあり、この日は間違いなく、「首の長い大ビンの日」と言っていいんじゃないだろうか?こんな日は滅多にない。

特に、左から二番目の瓶は以前のディギングで底の部分だけ出てきており、完品が掘り出せたことで謎が解けてとてもすっきりした気分になった。

この真ん中の上「S」をもじったデザインの瓶底がそうである。
こうなると「改」も欲しいな・・・。

それと、小さなものもなかなか。

左上は糊瓶。下列は左からガラス栓、小瓶、目薬瓶、不明・・・と言ったところ。
それにしても、このエンボスの意味と瓶の内容物は何だったのか?今後の課題である。

動画中では「底面に米のエンボスが」みたいなことを言ってますが、実はそんな瓶があり、ここでも底部の破片が出てきていました。しかし、まさかの透明な400㏄薬瓶だったのは意外な驚きと嬉しさですね。

そして、これ!

首の部分の隠せない歪みから、この角瓶が当時高度な加工で出来ていたものとうかがい知れる。

出来る限り高い精度で作ろうとした角瓶の、それでも当時の技術の限界が見え隠れする首の部分とのアンバランスが素晴らしい逸品。このような大きな瓶が割れずに残っていること自体希少価値が高い。

いや、今回も良いディギングでしたね。これらの瓶は洗浄が終わったら、動画でもここでもアップしていこうと思っています。

・・・おまけ

角瓶、なかなかいい感じにブラックライトに反応する。ウランではないけれどね。

それでは、また!

古いガラスの記憶#2 ライオン歯磨き粉瓶

少し前に動画にもアップしましたが・・・

今回は好きな人も多い、ライオンの歯磨き粉瓶について。
いつもの撮影スポットでの画像と、ざっくりとした説明を。

現在私たちが使っている「歯磨き粉」は、正確には「練り歯磨き粉」と呼ばれる、ペースト状に加工されたものです。そう、「歯磨き粉」というのは、略称であると同時にかつての呼称であり、以前は本当に粉だったようです。
幸い、上記の動画の視聴者さんがコメントを下さり、「クレンザーのようで、口の中がポワポワした」との事です。使用中に咳きこんでしまう事もありそうな感じですね。

さて、そんな本来の「歯磨き粉」の瓶ですが、これがとても魅力的なのです。デザイナーさんの美学がそこはかとなく感じられる安定感は、スクリュー付きの瓶でありながら飾っておきたくなる、何か豊かなたたずまいを醸し出すのです。

三色。左から濃い紫、濃い緑、緑。

色がまた情緒豊かです。遮光性を考慮しつつも、どこか高級感と安定感が漂っていますね。

今のところ三色です。まず・・・

濃い紫。ディープパープル。
濃いグリーン。
グリーンですね。

ひっくり返すと・・・

LIONと、大きくエンボスされています。

この瓶にも古いものがあり、これは私はまだ見つけていません。拾い人さんのブログ「拾うたんじゃけぇ!」のリンク先ページでは、茶入れのようなデザインの美しいその姿を見る事ができます。

また、これも私はまだ見つけていませんが、サンスターの同じような瓶が存在しているようです。それぞれ、いつかここで紹介できたらいいなと思います。

それにしても、ただの歯磨き粉の瓶にしては魅力の溢れる瓶ですね。

それでは、また次回!

コーヒーと掩体壕と林道とハケ

2019年5月25日の日記的な。

週末は大抵出かけっぱなしである。いつも家族の都合優先で予定を組むためで、今日もぼちぼちその例にもれず、まずは館山の「ブロワ珈琲焙煎所」へ。

良い!昔のガラスと良く似合う雰囲気だ。

さてと、ソフトクリーム食べつつアイスコーヒーをテラスで飲むわけですが、目の前にあるこれ、なんと「掩体壕」戦争の遺物なのです。立札はその説明ね。

近くに行くとこんな感じ。

そしてこの辺りも、感じられる。ガラスの気配だ。探索すれば何か見つかるだろうけれど、今日の予定はそうじゃない。美味しいコーヒーを飲み終えて、しばらく車を走らせる。
そして・・・

林道に入り・・・
さらにその奥へ・・・
奥へ奥へ・・・
さらに抜けていく

これは、実は自分ではなく家族の趣味。しかし、それが自分の趣味ともしばしば合致している。そう、あれが見つかるんだ。

いい感じでハケている。

私有地から道路に転がり出ていた幾つかを表面採取して、さらに林道を進む。途中で、今度は秘境めいた聞きなれない景勝地の看板を見つけて、そちらへと進む。

その途中の、雑に整備された駐車場をよく見ると・・・

機械栓一升瓶に貧乏徳利かな?導入として申し分ない。

こんな感じで、家族の趣味メインの一日は、思わぬ恩恵をもたらしてくれた。調整をして、いずれ掘れるようにしたいものだね。

おまけ・・・(閲覧注意)

ヒルに血を吸われていたらしい・・・。まあ入山料という事で。

そんな一日でした。