広大なハケでの合同ディギング!

あまりに多忙になってしまってオーバーヒート気味になり、あっという間にブログが二週間以上も放置された形になってしまっていた。いやーいかんですね。

盆休みや週末は家族全員揃うのだけれど、基本的に家事全般自分なので、畑に動画になんやかやで結構忙しくなる。で、ちょっとクールダウンしてから「そろそろいつものペースに戻そうか!」ってタイミングでの合同ディギングだったので、いい感じに切り替えができそうでありがたかった。

さて、この日のメンバーは自分含めて三人。
場所は、それはそれは広大なハケ。ビーチでもあり、陸部分は広い部分がほぼハケというとんでもない所で、探索すれば必ず何か拾えるような、そんな場所だ。
草深くて全容は分からないものの、観察したり踏み入れる範囲では必ず昔のゴミやガラスが露出しており、また古いガラスも完品・かけらと色々なものが落ちている。
つまり、どこを掘っても近代のゴミの層の下には古いガラスの棚が横たわっているはず!で、三人でなかなか高いテンションで掘った。

いやー出てくるねぇ!

・・・そう古くないガラスと、古い陶器が。

何かおかしい。

ナーリングのない一升瓶、五合瓶がゴロゴロ出てくるほかに、古い陶器が沢山出てくる。上掲の画像を見ると左下に軍盃があるのが分かるだろうか?
軍盃は大抵は良ハケの目印だし、陶器も古い!

なのに、なぜか肝心のガラスがほとんど出てこない。

「では下の層はどうか?」と一生懸命掘り下げると、かつての地面の層にあたり、それ以降は何も出てこなくなったりする。

・・・おかしいな?

このハケは、表層に明らかに古いガラスが落ちている。ビーチにもそんなかけらが沢山落ちており、完品もちらほら落ちているのに、深い場所には何もない。
まさかと思って表層を掘り広げてみたら・・・

出てきた!

トロットロの古いひょうたんニッキ!

膠着気味だった空気がこれでちょっと変わったものの、掘っていて疑問符ばかり湧いてくる。今までの経験が全く通用しないのだから当然だけれど、少なくとも仮説は立てなきゃ無闇に掘るしかなくなってしまう。

まず、ハケっている場所は人があまり立ち入らない海沿いの空き地だが、植生は人為的な空き地のもの・・・つまり埋め立てられた場所のもので、この地域の自然な植生とはちょっと違う。空き地の陸側の終点は全て、防波堤を兼ねた道路の擁壁が延々と続くようになっているが、この防波堤の躯体のコンクリートはなかなか古いものだ。

あくまで仮説だが、防波堤を作る際に古いゴミ捨て場の一部がわりと広範囲に掘り起こされたが、おそらくそのゴミ交じりの残土は海側に撒かれて均されたと思われる。という事は、ここはまず、散発的に表層に古いガラスが埋もれており、どこかには古い時代のガラスの棚が眠っている、ということかもしれない。
見つけたら、その棚は大変魅力的な宝物ばかりのはずだ。

正直なところ、陶器の完品率がとても高いだけでも自分にはそう悪くないハケだが、有望な鉱脈を探すような棚探しも楽しめそうだ。これはいい!

あと、水が出ない。
繰り返す。水が出てこないんだよ。

皆さんご存知かもしれないが、ここしばらく掘っているハケは水との戦い。まず水を汲み、かき出しつつ掘る。雨や大潮ではまた水没し、また一から作業して・・・ということを、もう半年くらい続けている。
水に悩まされないハケを久しぶりに掘って、心の中の何かのゲージがすごく下がっていく感覚を味わった。

次回こそはリベンジしたいものだ!

一緒に掘った方もお疲れさまでした!次回はお宝が出ますように!
あと、ジュースありがとうございました!

では、また!

古いガラスの記憶#20 チビ六角ニッキ水

今回はこちらね。

ニッキ水の中には『チビニッキ』と呼ばれる、特に小さいものがあります。ひょうたん型のチビニッキは有名ですが、あまり知られていないこのタイプのチビニッキ水、私は大好きなのです。「ガレ場のハケ」にて運良く二色揃ったので、今回の記事を書くことにしました。

以前、「正チャン」のニッキ水瓶の記事でも書きましたが、ニッキ水瓶にはしばしば無色透明のものと、アクア色のものとがあります。
今回揃ったチビニッキ水、改めて二つ並べてみましょう。

二つ並べて立ててみる
こちらは倒してみる。

同じガラスなんですが、この色の違いだけで受けるイメージも全く違ってきますね。透明にもアクア色にも、全く異なる魅力があるのは素敵な事です。

あえて詩的に表現するとしたら、無色は風、アクア色は海でしょうか?

こちらは歪みも素敵で、気泡はゆっくり。
こちらの気泡はスピード感がある。

同じ日の同じ時間に撮っている画像なのに、なぜか背景の海と空の色が違うのがまた面白いです。どういう仕組みなんでしょうか?

この、チビ六角形ニッキ、実はニッキ水の中ではあまり出ない、数少ないもののようで、ネットを探し回ってもそんなに画像が多くありません。しかし、見つけることができればこのようにとても美しいものなので、是非とももっと知られて欲しいなと思うのです。
運良く二つの色をそろえることができたので、現在この二つは私の机の「特にお気に入りスペース」に仲良く並んでいるのですが、梅雨が明けた灼熱の日々の夜、ふと目を向ければ涼しい気持ちにさせてくれる、そんな存在感と美しさを持った瓶なのです。

では、また!

古いガラスの記憶#17 トケイチウチウニッキ

それはおやつの時間、三時を指している。場所のせいかほんのり銀化しているね。

正面
裏面
側面は梨地仕上げになっている。

思えばガレ場を初めて掘った日は大変な引きで、この「トケイチウチウニッキ」と当たり矢の金平糖入れが同時に出たというすごい日だった。

平成ボトル倶楽部さんのブログにチラッと出ているほかは、あとはもう一人の方のブログに出てくるくらいの少ないニッキ水らしい。掘り出した時はその多いエンボスと独特な形にとても驚いたものである。
おそらく懐中時計を意識したであろうこのデザインは、おやつの時間に針が停まっており、数字も12,3,6,9はちゃんと刻まれていて、とても凝った造りになっている。

エンボスをクローズアップしてみよう。

「トケイチウチウニッキ」数字は上から時計回りに「12.3.6.9」
「イショートーロク」
「ミトヤ」

掘り出した人も少なく、多くのニッキ水のデザインと異なる、この円形で横広がりでエンボスの多い瓶は、おそらくは希少な部類のニッキ水と思って間違いなさそうで、当時このニッキ水を買ってもらった子は、きっとそれこそ懐中時計のように、大事にしたんじゃないかと思うのだ。
ボトルディガーとしても、次にいつ見つけられるかもわからないほどの物なので、ありがたく眺め続けていたいものだなぁと思う。

では、また!

雨と僥倖

三日ほどかけて「ガレ場のハケ」の水をくみ出したものの、やはり梅雨時なので再び雨。深夜からの激しい雨にはどうしようもないものの、幾つかの用事をこなしつつ、探索・・・とまでは言えないかもしれないが、あちこちを見聞してきた。

山はガスでけぶっている。

最初は不動産屋さんに用事があり、以前使用した契約書をアップデートした形になる処理を終えて、山間の未踏地へと向かった。

またもやダムである。

とあるフィルダムに寄り道し、雨脚が弱まったのと紫陽花の花がいい感じに咲いていたこともあり、カメラを回しつつあちこち探索してみる。
見頃に咲いた雨の中の紫陽花や、錦鯉、野鯉の群れ、大きなモクズガニが岸辺を移動していたり、なんとタイコウチがダムの放水路の躯体の上を歩いているのを見ることができた。
確か、小学校低学年の頃の春の田んぼで捕まえたのが最後だから、本当に何年ぶりの再会になるだろう?
どういうわけかコンクリートの上を歩いていたのはちょっと不思議な気もするが、激しい雨で水たまりと化していたので、わりかし自由なのかもしれない。・・・そういえば、ミズカマキリもずいぶん見ていないなぁ。
この辺りは動画にも撮ったので(ただしGoProだから拡大は出来なくて視認が難しいかもしれないけれど)いずれ編集してアップすると思う。

その後はとんでもない事故を目撃しつつ帰途に就き、とある市街地に差し掛かったところで、わりと日数に余裕のある閉店セールをしていたリサイクルショップが目に入った。
収納にはいつも困っているからなぁ・・・などと思いつつ、だいぶがらんとした店に入り、一通り見て回ると・・・これは!

めちゃくちゃお買い得なのでは!?

足りないガラスの棚板は、これは良くある店舗用什器の備品だから買い足せばいい。照明付きでガラスの棚で・・・そう!常々頭を悩ませているガラスのコレクションの収納とディスプレイ問題をかなりすっきりしてくれそうだ。
店員さんに頼んでスケールを借り、二種類の棚の寸法を暗記すると、どう考えても「買い」な値段とともに、頭に叩き込み、店を出る。
いやもう、たぶんこれ買うだろうけれど(笑)。

そして最後は、だいぶ日も落ちかけていたけど、我がガレ場のハケの様子見。ついでに、低気圧による高潮もあるから、何かないかと周囲を見回しに行ったが、

ガレ場のハケはまた完全に水没していた・・・

いやいいんだよ。ポンプ回せばいいだけだから。うん、決して悔しがってなんか無いぞ!徒労感なんか感じてないからな!

そんな事を考えつつ、足元の土の中にキラキラするものを拾うと、これは!

おそらくバスニッキの欠片だろう

ここ二日の間に、ニッキ水の「福田屋ねじり」の割れたものと、この「バス型ニッキ水」のかけら。
うん、天候が安定した後のディギングがとても楽しみだ。きっと引き寄せてくれる・・・はず!

そんなこんなの雨の一日でした。
なお、今日不動産屋さんに行った件は、おそらくコンテンツが増える何かに繋がっていくと思います。

では、また!

セッション?大ペロと珍しい物の日

土日はどちらかと言うとディギングしない事の多い自分だけれど、今日は様々な都合が噛み合い、午後からディギングする運びとなった。
現在、我が「ガレ場のハケ」は、土木工事的な段取りが必要な状態で、おそらくゆるい傾斜を描いていると思われる「ハケの最底辺」を現わすには、水も土ももう少し取り除きやすくする必要があったためだ。

で、そんなこんなでせっせと掘り続けていると、「めぇちの宝探し」さんが現れ、挨拶するとともにそれぞれのエリアで黙々と掘り続けることになった。
実は、すでに先週、めぇちさんとは現地でお会いしている。

しばらく私もじわじわと色々なものを掘り続けていたら、どうもめぇちさんサイドがにぎやかだ。どうしたんだろう?と思って声をかけてみたら、すごいものが出ていた。

大ペロ完品やんけ!!ぶったまげた!!

実はこのガレ場のハケ回り、先達の言う『ニッキ、ペロペロ、金平糖』のうち、ペロペロだけは出ていなくて、「そろそろ出るんじゃないですかねー?」なんて、前日にTwitterで話していたばかりだったのだ。そして出た。先達の経験則は素晴らしい。

さてと、私の方はと言うと、「あやかりますように!」と念じつつ地味~でスパルタンな土木作業を繰り返していたら、ほぼ表層からポロっとこれが出てきた。

いささか珍しい仕様のラムネ型ニッキ水である。土が付着していた時は六角ニッキかと思っていたら、どうも違った。

こちらの三面は縦スリット
こちらは菱クロスまたは網クロスかな?

やっぱりニッキ水が出てくる。しかし、このブログを書く少し前、Instagramで平成ボトルクラブのBOW会長に「呪いではなくビン神様の降臨でっす」と言われ、何やら色々と腑に落ちてきた。このニッキ水もまた、ラムネニッキの中ではとても珍しいデザインで、またもやレアなニッキ水瓶が増えた。

びん神様いつもありがとう!

そんなこんなで、今日の成果を。

結果的に、とても変わったものばかりが出てきた。現時点で分かったものについて。書くと、まずマツ染料。違和感があり、既に持っているものと比べたら・・・

左は持っていたもの。右は今日掘りだしたもの。

なんと、今日掘り出した「マツ染料」は、少し小さい瓶で、調べたら画像の少ない貴重なものだった。これは嬉しい。

さらにこれ・・・

この、見慣れない筆記体と名前のビール瓶について調べたところ、 神奈川県横浜市鶴見区にあった 「オラガビール工場」に関係があるらしい。

日英醸造会社が1920(大正9)年に建設。カスケードビールというビールを造っていたが、1927(昭和3)年に寿屋(現サントリー)が買収

との事。つまり、1920~1927くらいの短期間にしか出回っていなかった可能性があるし、名前も筆記体のエンボスも、どこか日本らしさが感じられない。何より、このビール瓶の画像が全く出てこないのだ。約百年ほど前の貴重なビール瓶を手に入れられたのかもしれない。

そんなこんなで、めぇちさんとの初セッション?ディギングは、実に眼福かつ珍しいものを手にして終わった。連日のディギングで疲労は溜まっているが、こんな事があると元気も出てくるというものだ。今日の一日も全て動画にしているので、いずれ公開する日が来ると思うし、珍しい幾つかの瓶についても、いずれここで詳しく掲載していく予定で、そんな楽しみもまた増えた。良い休日でディギングだったと言えるだろう。

おまけ

夕食はトビウオ。美味しゅうございました。

では、また!

古いガラスの記憶#3「正チャン」ニッキ水瓶

三回目となった、古いガラスの記憶ですが、今回は「正チャン」ニッキ水瓶についてです。「正チャン」とは、1924年(!)から1926年(「正チャンのその後」含む)にかけて、朝日新聞または朝日グラフで連載された、リスを相棒に冒険する、当時の国民的漫画/絵本(中間的作品の為、/使用)のキャラクターであり、愛用のボンボンのついた帽子は「正チャン帽」と呼ばれ、子供たちの間で大流行した。

との事。つまり、国民的な漫画のキャラクターだったわけです。で、漫画で人気なら子供のおやつにもモチーフにされるわけで、誕生したのがこの「正チャン」ニッキ水瓶というわけです。

正面より
背面。「正チャン」のエンボスがバン!と浮かび上がっている。
帽子のボンボン部分は飲み口になっていて再現不可な仕様。
ちょっと銀化していますね。

さてこの正チャンですが、冒険好きのせいか、大抵大怪我しておられるわけです。いったい何と戦っていたのかは分かりませんが、五体満足な正チャンは非常に珍しく、怪我した正チャンが出て来てはディガーを一喜一憂させる、そんな希少品なのです。
私もかつて海辺で、何と戦ったのか頭部を失ったアクアブルーの正チャン瓶を手にし、引き寄せに期待して約一年、この度やっとそれが叶ったわけです。

左は以前の怪我した正チャン。ガラスの色から違うが、形は寸分たがわない。
左はガラス本来の色にしては青が強い気もしますね。

珍しいニッキ水瓶とされるものは幾つかありますが、この「正チャン」ニッキ水瓶は、その中でもかなり希少な方ではありましょう。

しかも実はこの「正チャン」、さらにレアな仲間がいます。「ノンキナトウサン」と、「マエノタイショウ」といいます。果たして、仲間が全てそろう日は来るでしょうか?

とりあえず、頭部を失った正チャンが、ついに完全体を引き寄せてくれたので、今回は「正チャン」ニッキ水の回としました。

実は今回の「古い瓶の記憶」は、「古ガラス欲張りセット」とも言うべき希少な特徴のある瓶にしようと思っていましたが、前回の記事の絡みもあり、急遽こちらにしました。この瓶の予備知識を持っていてもらえると、発掘回の動画の雰囲気が伝わりやすいかと思い、こちらにしたのでした。

それでは、また!

合同ディギング!

今日は本当にタイミングが噛み合い、何人かのビーチコーマー、ボトルディガーさんたちと合同ディギングする運びとなりました。
さて、その作戦会議の場となったのは・・・

館山市の「メラーノカフェ」さん!

看板が写ってないって?ごめん、オブジェに目が行っちゃったんだよ。

しばしばこの近くを通るし、名前も有名ではあったものの、今までなぜか行くタイミングを失していたんだ。しかし、ひとたびドアをくぐると・・・

さらに、

ガラス!!

なんてこったジョニー、「メラーノ・カフェ」は噂以上だぜ・・・。

そこに来たのはガラス好きな私と、手にあるのはこれ。

「正チャン」!!なお説明は前後して次回以降になる模様。

というわけで、何も起きないはずはなく、マスターさんの「これはすごいよ!」という言葉や、奥さんがテンション高く写真を撮ったりと、なかなか楽しい時間になってしまった。

こうして、この地域を訪れる沢山のビーチコーマーやボトルディガーを尻目に、一人で海や山を彷徨っていた私も、ついにこの店に激レアガラスを持って訪れる事になったのである。さりげなく訪れてさりげなく出るはずだったんだけどな(笑)。

しばし、ガラスの話やちょっとした歴史、野生動物の話などをして楽しく過ごしたのち、その時は始まった。

合同ボトルディギングである。

画像は流石に割愛するけど、現在私が掘っている「ガレ場のハケ」は、今までのボトルディギングのハケの概念からは大きく外れている。だから長年スルーされてきたのだが、もう一つ特徴がある。「ガレ場」と言うだけあって非常に掘りづらいのだ。メンバーには女性の方もいるので、その辺が気になっていた・・・が、

杞憂だった

ああなんというガラスの魅力。みんな一生懸命掘っていて、海外の屈強なボトルディガーも乾いた笑いを浮かべるしかない掘りっぷりだった。結局、皆さんほとんど休まずに、3時間以上掘っていた。
最後は雨が激しく降ってきて、追われるように撤収になったが、皆さんぽつりぽつりとガラスを掘り出していたし、何とこんなものを掘り出した方もいた。

もしかしたら明治時代に食い込むインク瓶である。

眼福!ハケの年代もより古くシフトして言う事なし。みんな感心して今日の合同ディギングを終えることができた・・・と思う。

ちなみに私は、掘り返した箇所の土を移動しつつ、基本的には皆さんのサポートをできる限りしていた。

画像では分かりづらいが腰より深く掘っている。海外のディガーにも負けないぜ!

それでも不思議なもので、たまーにガラス栓やら瓶が出てくる。そして、残った土をよけていたらポロッと。

ニッキ水、またお前か・・・。

なんとこのタイプのチビニッキ水が出てきた。十分すぎる成果である。こうして、今日の合同ディギングはなかなかの成果を出して終わった。参加した皆さんも楽しんでいただけたようで何よりである。どうせ一人で瓶なんて掘り切れないのだから、楽しみが共有できるという意味でも、たまにはこんなのもいいね。

あと、お土産下さった方、ありがとうございました!

・・・おまけ。

良いチビニッキ水である。

では、また!