ハケとガラスの探し方

最近、都市部で石蹴りや古いガラスを見つける人がしばしば現れて、とても嬉しい限り。
初期のボトルディガーさんたちの奮闘と、昔のガラスのあり得ない色合いや雰囲気から、「あんなもん本当にあるの?」とついついイメージが先行してしまいがちだけど、実際にはわりと最近まで、ほとんどの家庭でガラスや陶器を自宅で処理するしかなかった(ここテストに出ますよ!)んだよね。
なので、少し広い庭のある家なら敷地のどこかに埋めていたに違いないのだ。
これが少し田舎の方になると、複数の家庭で一つ所にまとめて埋めたり、集落で場所を決めて捨てていたりしていたんだよね(いわゆる大ハケ)。

つまり、都市部なら古い家のあった場所は全て少しずつならガラスの出る可能性があるということ。
ただし、大ハケなどを期待するのは難しい。そして大ハケを探すならどうしても田舎の方が有利になるだろう。
では、そういったハケ(かつてのガラスの捨て場)を探すコツはあるのだろうか?ざっくりとだが、ある。

自分がその家や集落の住人だったとしたら、処理できないゴミをどこに埋める・捨てるか?を良く想像する事。

ここで、以前話した、「世界の解像度」がとても重要になってくる。
例えば都会の空き地だったら、おそらく玄関や大通りに近い側には捨てないだろう。では玄関はどちら側なのか?陶片やガラス片が分かりやすく導入として集中して落ちていればいいけど、満遍なく散らばっている場合ももちろんある。ここで、昔の家の形や玄関の場所などを想定できるとだいぶ捗る。

地域によっては、「氏神様の後ろ」をゴミ捨て場にしていたり、不浄なものを全て水回りと同じ方向に埋めたり、とかね。

で、田舎の方でガラスを探す場合は、やっぱり中規模や大規模な大ハケを探して掘るのが醍醐味になって来るだろう。でもこれは、実は絞り込みがそう難しくはなくなってきている。
Googleマップなどのお陰なんだよね。慣れてくると「この辺に捨て場があったと思うんだよなぁ・・・」みたいに、次第に場所が絞れてくる。
あとは実地で探してみるのが一番。「そんなところに?」ってなるかもしれないけど、本来は隠したいものだったはずだから、「そんなところに」ある事も多いんだよね。
現在掘っている「ガレ場のハケ」もそう。周囲にしばしば古いガラスは落ちていたけれど、大岩でゴロゴロと埋め立てられているガレ場に、繊細なガラスがあんなにも眠っているなんて自分だって想像してなかった。「ガラスが出るんじゃないかな?」と目星をつけて掘ってはみたけれど、最初は「無いと確信出来ればそれで良し」くらいの気持ちで掘り始めていたからね。
動画でも言っているけれど、「無いかもしれない」ではなく「あるかもしれない」と思って探し続ける事こそが、一番大事なのかもしれない。

では、また!

ガレ場はまだまだ終わらない

実は昨日、『ガレ場のハケはここらへんで終わりですね』的な動画を一度撮り、ハケを均し、ゴミをひきあげ、近づきつつある台風で全てが初期化される・・・はずだった。

綺麗に掘り下げ、均して片付けたのだが・・・

しかし、夜になってみると何かムズムズする。探索した場所にもっと何か残っているような、例えるならガラスのか細い声のような、何か。
「もっと・・・もっと完全に掘らないとダメなんじゃないか?」
確かに、一定の層まで均一に全て掘り下げ、それ以上何も出ない事が昨日は確認できた。しかし、もっと下の他の場所はどうだろうか?これで終わりはやはり早計ではないのか?
何より

「どうもガラスの声が聞こえる気がするぞ?」

これが聞こえたら、もう考えは翻ったも同然だ。しかし、警報も発令され、激しい風雨が訪れるはず。また水をすっかり汲んで作業かぁ・・・と眠りについた。
しかし、翌朝。

台風どこ?

湿度と気圧とやや高い波はかろうじて台風だが、良い天気である。明日からは雨だが、それならばもう一度ガレ場をアタックしてみよう。
今日掘ってみて、何も出なかったらやめだ!

・・・で、

掘り下げたところをさらに底まで掘り下げる。

瓶の神の声が聞こえた

あなたは正しい判断をしましたね(ニッコリ)

ハケが終わるどころか、かなり良い戦果である。

特に貴重なものをアップしておくと・・・

まず、機械栓式の古い古い牛乳瓶。

「白浜甲辰舎」
「全乳」

さらに、洗う時からごつくて違和感のあったこれ!

「LABORATOIRES A.LUMIERE」

これはフランス語で、「A.ルミエーレ研究所」という意味のエンボスになる。瓶自体も日本の茶瓶のような繊細さは無く、ごつくて頑丈で重い。舶来品のようだ。
で、この言葉で検索すると、1927年にフランスはリヨンで発行された、「オーギュスト・ルミエーレ研究所年鑑・実験的生理学と薬力学について」がヒットする。
つまりこれは、フランスの A.ルミエーレ研究所 に関わる何かの薬品の瓶だったのだろう。
このハケの特徴が良く出た、とても貴重な出土品と言う事になる。
1920年代にフランスで作られ、薬を詰められたこの瓶は、おそらく船で海を渡り、ある病院にたどり着き、役割を終えて土の中で長い眠りにつき、今また掘り出されたという事になる。何とも壮大な話だ。

そしてどうやら、このハケもまだまだ続きそうである。楽しいね!

では、また!

雨と僥倖

三日ほどかけて「ガレ場のハケ」の水をくみ出したものの、やはり梅雨時なので再び雨。深夜からの激しい雨にはどうしようもないものの、幾つかの用事をこなしつつ、探索・・・とまでは言えないかもしれないが、あちこちを見聞してきた。

山はガスでけぶっている。

最初は不動産屋さんに用事があり、以前使用した契約書をアップデートした形になる処理を終えて、山間の未踏地へと向かった。

またもやダムである。

とあるフィルダムに寄り道し、雨脚が弱まったのと紫陽花の花がいい感じに咲いていたこともあり、カメラを回しつつあちこち探索してみる。
見頃に咲いた雨の中の紫陽花や、錦鯉、野鯉の群れ、大きなモクズガニが岸辺を移動していたり、なんとタイコウチがダムの放水路の躯体の上を歩いているのを見ることができた。
確か、小学校低学年の頃の春の田んぼで捕まえたのが最後だから、本当に何年ぶりの再会になるだろう?
どういうわけかコンクリートの上を歩いていたのはちょっと不思議な気もするが、激しい雨で水たまりと化していたので、わりかし自由なのかもしれない。・・・そういえば、ミズカマキリもずいぶん見ていないなぁ。
この辺りは動画にも撮ったので(ただしGoProだから拡大は出来なくて視認が難しいかもしれないけれど)いずれ編集してアップすると思う。

その後はとんでもない事故を目撃しつつ帰途に就き、とある市街地に差し掛かったところで、わりと日数に余裕のある閉店セールをしていたリサイクルショップが目に入った。
収納にはいつも困っているからなぁ・・・などと思いつつ、だいぶがらんとした店に入り、一通り見て回ると・・・これは!

めちゃくちゃお買い得なのでは!?

足りないガラスの棚板は、これは良くある店舗用什器の備品だから買い足せばいい。照明付きでガラスの棚で・・・そう!常々頭を悩ませているガラスのコレクションの収納とディスプレイ問題をかなりすっきりしてくれそうだ。
店員さんに頼んでスケールを借り、二種類の棚の寸法を暗記すると、どう考えても「買い」な値段とともに、頭に叩き込み、店を出る。
いやもう、たぶんこれ買うだろうけれど(笑)。

そして最後は、だいぶ日も落ちかけていたけど、我がガレ場のハケの様子見。ついでに、低気圧による高潮もあるから、何かないかと周囲を見回しに行ったが、

ガレ場のハケはまた完全に水没していた・・・

いやいいんだよ。ポンプ回せばいいだけだから。うん、決して悔しがってなんか無いぞ!徒労感なんか感じてないからな!

そんな事を考えつつ、足元の土の中にキラキラするものを拾うと、これは!

おそらくバスニッキの欠片だろう

ここ二日の間に、ニッキ水の「福田屋ねじり」の割れたものと、この「バス型ニッキ水」のかけら。
うん、天候が安定した後のディギングがとても楽しみだ。きっと引き寄せてくれる・・・はず!

そんなこんなの雨の一日でした。
なお、今日不動産屋さんに行った件は、おそらくコンテンツが増える何かに繋がっていくと思います。

では、また!

ボトルディギングの用語集

ボトルディギング界隈でよく出てくる言葉を私なりに説明します。今後も追加したり、加筆・修正する可能性があります。

ハケ

ガラスが埋まっているとされる場所。多くは、昔のゴミ捨て場。かつての日本ではガラス、陶器系のゴミの処理は各家庭に放任されていたために、どこかに捨てて隠すような処理をしていた。それから長い年月が流れ、魅力を再発見された古いガラスを探すボトルディガーにとっては、ハケは宝の埋められた場所と同義である。これを見つけるのがボトルディギングと言ってもいい。
ちなみに英語ではBottle Dump(ボトルダンプ)。 Dumpとは「ぶちまける、うち捨てる、放りっぱなし」などの意味があり、瓶捨て場とでも訳せばいいだろうか。

気泡

ガラス精製時に交じった不純物から発生したガスが、ガラス内に固定されたもの。星によく例えられるし、雨に例えられることもある。かつての技術の低さを象徴するものが、現在では古いガラスの魅力を語る上で欠かせないものになっている。実際、なぜかとても豊かな表情をガラスに加えてくれる、古いガラスの魅力の重要な因子の一つ。

茶筋、マーブル、筋

ガラスを精製する際に混ぜられた別のガラスカレット(ガラスのかけら、材料)の色が抜けきれずに現れたもの。大理石の表情に似ている事からマーブルと言う人もいる。茶色であることが多いから茶筋か?実際には様々な色があるらしく、私はそんな時は「筋」と呼んだりしている。

ボトルディギング時において、ガラスが集中して埋まっている(ように感じられる)層の事。「良い棚に当たった」「この棚には目薬が無い」「この棚はニッキ水だけだ」などと用いる。

導入

ハケを探している場合は、ハケの存在を示唆するような、古いガラスが落ちている状態を指す。パピリオが落ちているとか、ニッキ水のかけらが落ちている、機械栓の口が落ちているなどは、分かりやすい導入と言える。

ディギング中の場合は、何も無かった土中にガラス片や陶器片が多くなってくると、棚が近い事を示す場合が多く、掘る方向の目安になる。「導入を見つけて追うと良いですよ!」

エンボス

文字や絵などが浮き出されるような加工の事。陽刻。接着剤や印刷の技術が現代ほど発達していなかった昔は、瓶の内容物の情報の表示や装飾に、エンボスが最も冗長性が高いと判断されて用いられたと思われる。旧字体や独特の絵柄、現在では使われない言葉などが、当時のガラスの製作技術と相まって、何とも言えない古い瓶の魅力の一を醸し出している。逆の場合はデボスとの事。

チル

金型の型肌が焼け馴染む前に冷えて残ったもの。鎚目のように美しく、光を乱反射する。古いガラスの表情ではかなり少ないもの。例えば同じ糊瓶でも表情が全く異なる。見つけたら大事にするといいかも。

おまけ。

まるで水のような質感を持つ、チルあり糊瓶。

合同ディギング!

今日は本当にタイミングが噛み合い、何人かのビーチコーマー、ボトルディガーさんたちと合同ディギングする運びとなりました。
さて、その作戦会議の場となったのは・・・

館山市の「メラーノカフェ」さん!

看板が写ってないって?ごめん、オブジェに目が行っちゃったんだよ。

しばしばこの近くを通るし、名前も有名ではあったものの、今までなぜか行くタイミングを失していたんだ。しかし、ひとたびドアをくぐると・・・

さらに、

ガラス!!

なんてこったジョニー、「メラーノ・カフェ」は噂以上だぜ・・・。

そこに来たのはガラス好きな私と、手にあるのはこれ。

「正チャン」!!なお説明は前後して次回以降になる模様。

というわけで、何も起きないはずはなく、マスターさんの「これはすごいよ!」という言葉や、奥さんがテンション高く写真を撮ったりと、なかなか楽しい時間になってしまった。

こうして、この地域を訪れる沢山のビーチコーマーやボトルディガーを尻目に、一人で海や山を彷徨っていた私も、ついにこの店に激レアガラスを持って訪れる事になったのである。さりげなく訪れてさりげなく出るはずだったんだけどな(笑)。

しばし、ガラスの話やちょっとした歴史、野生動物の話などをして楽しく過ごしたのち、その時は始まった。

合同ボトルディギングである。

画像は流石に割愛するけど、現在私が掘っている「ガレ場のハケ」は、今までのボトルディギングのハケの概念からは大きく外れている。だから長年スルーされてきたのだが、もう一つ特徴がある。「ガレ場」と言うだけあって非常に掘りづらいのだ。メンバーには女性の方もいるので、その辺が気になっていた・・・が、

杞憂だった

ああなんというガラスの魅力。みんな一生懸命掘っていて、海外の屈強なボトルディガーも乾いた笑いを浮かべるしかない掘りっぷりだった。結局、皆さんほとんど休まずに、3時間以上掘っていた。
最後は雨が激しく降ってきて、追われるように撤収になったが、皆さんぽつりぽつりとガラスを掘り出していたし、何とこんなものを掘り出した方もいた。

もしかしたら明治時代に食い込むインク瓶である。

眼福!ハケの年代もより古くシフトして言う事なし。みんな感心して今日の合同ディギングを終えることができた・・・と思う。

ちなみに私は、掘り返した箇所の土を移動しつつ、基本的には皆さんのサポートをできる限りしていた。

画像では分かりづらいが腰より深く掘っている。海外のディガーにも負けないぜ!

それでも不思議なもので、たまーにガラス栓やら瓶が出てくる。そして、残った土をよけていたらポロッと。

ニッキ水、またお前か・・・。

なんとこのタイプのチビニッキ水が出てきた。十分すぎる成果である。こうして、今日の合同ディギングはなかなかの成果を出して終わった。参加した皆さんも楽しんでいただけたようで何よりである。どうせ一人で瓶なんて掘り切れないのだから、楽しみが共有できるという意味でも、たまにはこんなのもいいね。

あと、お土産下さった方、ありがとうございました!

・・・おまけ。

良いチビニッキ水である。

では、また!

大瓶祭り ガレ場のハケ#7

順番がバラバラなのは画像の関係ではありますが、まず、本日アップした動画。

この日掘りだした物を全体アップするとこんな感じですね。

上列の大きな瓶の並びは、「よくぞ今まで割れずに・・・」としか。感動だ。

ディギングは何というか、「その日の傾向」みたいなものがあり、この日は間違いなく、「首の長い大ビンの日」と言っていいんじゃないだろうか?こんな日は滅多にない。

特に、左から二番目の瓶は以前のディギングで底の部分だけ出てきており、完品が掘り出せたことで謎が解けてとてもすっきりした気分になった。

この真ん中の上「S」をもじったデザインの瓶底がそうである。
こうなると「改」も欲しいな・・・。

それと、小さなものもなかなか。

左上は糊瓶。下列は左からガラス栓、小瓶、目薬瓶、不明・・・と言ったところ。
それにしても、このエンボスの意味と瓶の内容物は何だったのか?今後の課題である。

動画中では「底面に米のエンボスが」みたいなことを言ってますが、実はそんな瓶があり、ここでも底部の破片が出てきていました。しかし、まさかの透明な400㏄薬瓶だったのは意外な驚きと嬉しさですね。

そして、これ!

首の部分の隠せない歪みから、この角瓶が当時高度な加工で出来ていたものとうかがい知れる。

出来る限り高い精度で作ろうとした角瓶の、それでも当時の技術の限界が見え隠れする首の部分とのアンバランスが素晴らしい逸品。このような大きな瓶が割れずに残っていること自体希少価値が高い。

いや、今回も良いディギングでしたね。これらの瓶は洗浄が終わったら、動画でもここでもアップしていこうと思っています。

・・・おまけ

角瓶、なかなかいい感じにブラックライトに反応する。ウランではないけれどね。

それでは、また!

コーヒーと掩体壕と林道とハケ

2019年5月25日の日記的な。

週末は大抵出かけっぱなしである。いつも家族の都合優先で予定を組むためで、今日もぼちぼちその例にもれず、まずは館山の「ブロワ珈琲焙煎所」へ。

良い!昔のガラスと良く似合う雰囲気だ。

さてと、ソフトクリーム食べつつアイスコーヒーをテラスで飲むわけですが、目の前にあるこれ、なんと「掩体壕」戦争の遺物なのです。立札はその説明ね。

近くに行くとこんな感じ。

そしてこの辺りも、感じられる。ガラスの気配だ。探索すれば何か見つかるだろうけれど、今日の予定はそうじゃない。美味しいコーヒーを飲み終えて、しばらく車を走らせる。
そして・・・

林道に入り・・・
さらにその奥へ・・・
奥へ奥へ・・・
さらに抜けていく

これは、実は自分ではなく家族の趣味。しかし、それが自分の趣味ともしばしば合致している。そう、あれが見つかるんだ。

いい感じでハケている。

私有地から道路に転がり出ていた幾つかを表面採取して、さらに林道を進む。途中で、今度は秘境めいた聞きなれない景勝地の看板を見つけて、そちらへと進む。

その途中の、雑に整備された駐車場をよく見ると・・・

機械栓一升瓶に貧乏徳利かな?導入として申し分ない。

こんな感じで、家族の趣味メインの一日は、思わぬ恩恵をもたらしてくれた。調整をして、いずれ掘れるようにしたいものだね。

おまけ・・・(閲覧注意)

ヒルに血を吸われていたらしい・・・。まあ入山料という事で。

そんな一日でした。

大雨のあと ガレ場のハケ♯8

先日の大雨から一息ついてまずしなければならなかったことは幾つかある。車の荷物の引っ越しだったり、一番やりやすいタイミングで庭の草を抜く事だったり、巣立ったムクドリの汚した雨戸の戸袋の原状回復もそうだった。

それらを昨日終わらせて、今日はまず「ガレ場の水を抜く事と、水道(みずみち)を確保する事」を第一にした。前回までのように、ビルジ用のバッテリーポンプと、充電済みのバッテリーを持って現地に行く。

うん、やっぱりほぼ水没しているので、まずはポンプだ!そして、水路を作るように掘っていかないとダメだ。

途中で、地元の年配の方が興味深げに話しかけて来て下さったので、ガラスを探している事を話したら、なんと、掘り出した水薬瓶のエンボスにあった病院に、子供の頃に実際にかかった事があるとの事!
「髭を生やした、優しくて良い先生だった」そして、「昔ここはその病院のほぼ専門のゴミ捨て場だったのよ。よく、ガラスがあるのが分かったわね」との事だった。

今まで出てきたものについて話すと、ニッキ水の瓶や金平糖入れをご存知で、とても懐かしいとの事だった。なんかロマンがあるねぇ。
そんなこんなで夕方。
バッテリーももう電力が不足し、体力ももう限界。しかし水路はちゃんと作った。

これで、今後は掘るのも水を抜くのもスムーズになる。

んで、一応雨に洗いだされたものを拾ったり、水路掘りで出てきたものがこちら。

コバルト色のガラス棒は極細の注射器のシリンダーにも見えるが、何だろうか?そして、多くは瓶のふた。

どうも外国製のような・・・。割れてないのが欲しいね
これは高価な毒劇薬の小瓶のふた。欲しかったものの一つ。

さらに・・・

こんな感じで、作業メインなんだけどとても有意義な時間を過ごせた。かなり体力を使ったのもいいね。